乃木坂46・与田祐希“璃子”が甥っ子に翻弄される姿がかわいいと反響「量産型リコ」6週連続Twitterトレンド入り

乃木坂46・与田祐希“璃子”が甥っ子に翻弄される姿がかわいいと反響「量産型リコ」6週連続Twitterトレンド入り

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/08/06
No image

8歳の甥っ子・翔真にふりまわされることになる与田祐希“璃子” / (C)「量産型リコ」製作委員会

【写真】翔真に一生懸命話しかける与田祐希“璃子”の健気さがかわいい

乃木坂46・与田祐希の主演ドラマ「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」(毎週木曜夜0:30-1:00、テレビ東京系※BSテレ東・BSテレ東4Kは毎週火曜夜0:00-0:30)の第6話が8月4日に放送され、初登場の甥っ子に振り回される姿や熱いプラモデル制作シーンが反響を呼び、6話連続で「#量産型リコ」がTwitterでトレンド入りした。(以下、ネタバレを含みます)

本作は、イベント会社で働くごくごく普通の女の子・小向璃子(与田)が主人公の”ホビー・ヒューマンドラマ”。璃子は、先輩の中野京子(藤井夏恋)や上司の犬塚輝(マギー)、雉村仁(森下能幸)、猿渡敦(与座よしあき)とともに、のほほんと勤務していたが、プラモデルと出会い成長していく。BANDAI SPIRITS制作協力のもと、「量産型ザク」にスポーツカーの「GT-R」、「エヴァンゲリオン初号機」に「宇宙戦艦ヤマト」、そして「ミニ四駆」と各話に実在するさまざまなプラモデルが登場し、プラモデル好きの“モデラー”にも注目されている。

初めて甥っ子・翔真と2人きりになった璃子が、ストレスをためまくる

「8歳のパイセン」と題された第6話では、璃子の甥っ子・翔真(小山蒼海)が初登場。急に預かることになったと会社に連れてきた翔真の姿に、男性社員はなぜか心が弾む。男の子なら好きだろうとミニ四駆が走る姿を見せるが、当の翔真はそこまで興味を持っていないように見える。前回に引き続き、ミニ四駆を前に犬塚や猿渡、イベント1部のエース写真・大石亮太(中島歩)までもが子どものような笑顔を見せる。

翔真と2人きりは初めてな璃子は、実は不安しかなかった。翔真は、タブレットばかりに夢中で、璃子の言うことに聞く耳を持たない。宿題をさせようとするとAI音声アシスタントに答えを聞いたり、夕食にカレーを作っていたら「ウーバーにして」と言ったり。タブレットは3時間以内のルールは守ってくれないし、姉への電話ではウソばかり言うし、21時の寝る時間も守らない。

その度に窓から外をボーと眺めたり、冷蔵庫を開けっぱなしにして水をがぶ飲みしたり、無心になってタブレット菓子をたくさん出してリスのように食べたり、扇風機に向かって「あーーー」と言ってみてストレスを解放していたが、ついには家を飛び出し矢島模型店に駆け込み助けを求める。

甥っ子にふりまわされる璃子の姿に、「翔真くんに振り回されるリコがかわいかったです!」「ストレスに耐えられなくなっていく与田ちゃんおもろ。笑」「8歳児に追い込まれて凹むリコちゃんに涙してしまいました」とのつぶやきで盛り上がる。

仲直りした翔真と璃子が、闇堕ち“武者頑駄無”制作で絆を深める

矢島模型店の店主・やっさん(田中要次)とバイトのちえみ(石川恵里加)におすすめされたのは“武者頑駄無”。ガンダムシリーズのモビルスーツをデフォルメで表現したシリーズだ。タブレットを隠し、早速翔真にプレゼントしてみるが、結局ケンカに。家を飛び出した璃子が公園でたたずんでいると翔真が探しに来る。璃子がきっかけで大好きになったハイチュウのグレープ味で仲直りした翔真が、“武者頑駄無”を作ってみたいと言う。

璃子と矢島模型店に行った翔真は「クールじゃん」と意外にも興味津々。強面で熱いやっさんに圧倒されながらも、作業部屋で翔真だけの“武者頑駄無”作りがスタート。「黒色が好き」という翔真に、「どうして黒なのか、イメージを膨らませろ」というやっさん。翔真と璃子が作業机の周りをぐるぐる歩きながら、イメージを膨らましている時に、カラーまんがのカットが入る演出も見逃せない。

見事に“武者頑駄無”を作り上げた翔真と一緒に帰る途中、手を繋ごうとした璃子に、「ごめん、彼女いるから」という翔真。そして璃子に「あの大石っていう人のこと、好きでしょ」と聞く。自覚症状のなかった璃子が、ものすごく驚いていると、「僕の叔母だし、元婚約者だし、余裕でわかる」という翔真のしたり顔があっぱれだ。ほかにも「恋に対象年齢とかないから」など全編を通して、翔真のセリフが胸に響く。

「与田ちゃんサイコー」と反響を呼び、Twitter6話連続トレンド入り

お楽しみのエンディングは、翔真と璃子、やっさんとちえみが登場する矢島模型店の作業場でのシーン。作業の途中でタブレットを使い始めた翔真が、ちえみとやっさんを撮影しようとする。ちょこちょこ逃げるやっさんとちえみがおもしろい。最終的にはやっさんがタブレットで翔真と璃子とちえみを撮影するほのぼのシーンで終了。

「武者頑駄無回良かった。レジェンドBBを作りたくなった」「小さいとき作ってたSDガンダムシリーズで懐かしさが蘇って来ました」「ガンプラ専門の、カラーリングまでハマった。第5話のミニ四駆もハマったから観てて楽しい!」「量産型リコが終わっちゃう前に何か一つはガンプラを買って作ろう!」とプレモデルへの熱い言葉がTwitterに並ぶ。もちろん「与田ちゃんのミニマム感もサイコーです」と与田のかわいさも反響を呼び、「#量産型リコ」が6話連続トレンド入りした。

次回第7話では、翔真に言われて大石への気持ちに気づいた璃子の乙女心が炸裂。「かわいいは自由っすよ」というちえみの言葉でご開帳するのは「ラブライブ!より “南ことり”」フィギュアだ。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加