石川遼23位、9ラウンド目で初ノーボギーに「ショットが良くないと」

石川遼23位、9ラウンド目で初ノーボギーに「ショットが良くないと」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

第61回中日クラウンズ「最終日」10番、ティーショットを放つ石川(撮影・森本幸一)

<国内男子ゴルフツアー:中日クラウンズ>◇最終日◇2日◇愛知・名古屋GC和合C(6557ヤード、パー70)◇賞金総額1億円(優勝2000万円)※賞金ランク加算額は75%◇一般非公開

石川遼(29=CASIO)が21年のツアー3戦、9ラウンド目で初のボギーなしラウンドで通算2アンダー、23位として大会を締めくくった。

3バーディーの67で回った最終ラウンドを「今日は昨日までより、一番リスクのあるドライバーを多く握った。結構いい所に行ったのに、バーディーにつながらなかったのは残念ですが、ノーボギーはある程度ショットが良くないとできないですからね」とある程度の満足感は得たようだ。

スイングの再現性、ショットの精度を高めるために取り組むスイング改造はこれまでも「徐々に良くなって来ている」と話してきた。「イメージと数字が伴うのはいいこと」。6日開幕の次戦ジャパン・プレーヤーズ選手権byサトウ食品は新設大会。「みんなで盛り上げたいです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加