原英莉花、プロ初ホールインワンで2位浮上 ジャンボ師匠には「まぐれと言われるかな」 4勝目射程圏

原英莉花、プロ初ホールインワンで2位浮上 ジャンボ師匠には「まぐれと言われるかな」 4勝目射程圏

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/02

◇女子ゴルフツアー パナソニック・オープン第2日 (2021年5月1日 千葉県 浜野GC=6638ヤード、パー72)

No image

13番でホールインワンを達成した原英莉花はクラブとボールを手に笑顔でジャンプ(撮影・沢田 明徳)

原英莉花(22=日本通運)が13番パー3でプロ初のホールインワンを達成した。1イーグル、6バーディー、4ボギーの68で回り通算6アンダーに伸ばし、18位から2位に浮上。首位と2打差につけ、ツアー4勝目を射程圏に捉えた。

13番パー3。ピンまで167ヤード。7Iで打ったボールは「ガシャーン」と音を立ててカップに飛び込んだ。原英はボールを拾い上げると、はじけるような笑顔を見せた。

「人生で3回くらい。試合、プロでは初めて。ショットが良くなかったので、とりあえず乗せたいなと思って打ったショットがピン筋に行った。ギャラリーがいたらもっとうれしかったな。ちょっと寂しかった」。直接入ったが、カップの縁は崩れていなかった。清水重憲キャディーには「お上品な入り方だね」とからかわれた。

アイアンショットが不調で右に行く傾向が続いている。ただ「7Iだけは思うような球が打てている」。そのクラブで成し遂げたプロ初のホールインワン。もちろん師匠の尾崎将司にも報告する。「賞金(10万円)で何か買って持っていきたい。絶対“まぐれ”と言われるな」と笑った。

このオフにケガ防止と肩の強化のため水泳トレーニングを取り入れた。クロールで400メートルを2回泳ぐのがルーティン。今大会開幕前日も雨のため練習ラウンドを回避し、プールで体をほぐした。

4月にぎっくり腰を発症した。違和感を抱えたまま前週フジサンケイ・レディースに出場。週明けは痛みが残っていた。しかし、プールトレーニングの効果もあり、腰の状態は改善していた。

会心のエースで「ショットへの不安が取り払われた」と勢いづき、6ホールで5つスコアを伸ばした。首位と2打差で最終日を迎える。「久しぶりの優勝争いなので、勝ちたい気持ちは強い」。昨年11月のツアー選手権リコー杯以来のツアー4勝目に照準を絞った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加