DeNAのG.後藤、猪木から闘魂注入も併殺打 「手がうちわみたいに...」

DeNAのG.後藤、猪木から闘魂注入も併殺打 「手がうちわみたいに...」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

DeNAのG.後藤武敏内野手(34)が11日、阪神戦(横浜)の試合前イベントで、特別ゲストのアントニオ猪木氏(74)から闘魂を注入された。

打席に向かう際の登場曲に猪木氏のテーマ曲「炎のファイター」を使用している縁で、球団から“注入オファー”を受けると「喜んで」と即決し、この日、実現した。

猪木氏から「いつものヤツをやる前に…ゴメス出てこーい!!」とマウンドに呼び出された後藤は、左ほほに闘魂注入された。試合後、後藤は「スッキリしました。最初、手がうちわみたいにデカかったです。でも気合が入りました」と笑顔をみせた。

自身は1-8の七回一死一塁で代打で登場したが、相手の好捕もあり遊ゴロ併殺に終わった。試合にも負けたため、「闘魂を注入されて、勝つのが一番良かったんですが…。(勝利を)期待していたんですけどね。また気持ちを切り替えていきます」と悔しがっていた。

No image

DeNA・後藤武敏にビンタするアントニオ猪木=横浜スタジアム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム・レアード100号グッズ、早速発売
巨人、阿部2000安打達成記念グッズ発売 LINEスタンプも
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
【ソフトバンク】大分のバケモノ・今宮健太がさらなるバケモノと戦った夏の記憶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加