西武栗山サヨナラ押し出し、ソフトBモイネロ2敗

西武栗山サヨナラ押し出し、ソフトBモイネロ2敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

延長10回裏西武1死満塁、栗山巧は四球を選び三塁走者の源田が生還しサヨナラとなる(撮影・梅根麻紀)

<西武3-2ソフトバンク>◇17日◇メットライフドーム

西武先発は多和田、ソフトバンクは千賀。西武は2回1死満塁、外崎が14球目の外角スライダーを右翼へ運び、犠飛で先制した。

ソフトバンクは4、5回に先頭打者が安打で出塁も、後続が抑えられて無得点。千賀は6回141球、1失点で交代となった。

ソフトバンクは8回、デスパイネが左前に逆転2点打。西武はその裏、山川が中堅へ18号同点ソロを放った。試合は延長に突入した。

西武は延長10回、源田の左前打からチャンスを広げ、相手の満塁策で1死満塁とすると栗山が粘って四球を選びサヨナラ勝ちした。牧田は2勝目。ソフトバンク・モイネロは2敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本昌が甲子園のエース10人を評価。思わず「ほしい」と言ったのは?
26日の予告先発 17勝目を目指す巨人菅野、今季無敗ホークス和田が先発
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
早実・清宮プロ志望届提出、獲得希望球団と面談へ
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加