朝原氏、サニブラウンによって「14年閉ざされた扉が開かれた」/世界陸上

朝原氏、サニブラウンによって「14年閉ざされた扉が開かれた」/世界陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治氏(45)が11日、ツイッターを更新。10日(日本時間11日)に行われた世界選手権男子200メートル決勝で向かい風0・1メートルの条件下、20秒63で7位だったサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=について、「14年閉ざされた扉がサニブラウン選手によって開かれた。そこからまた新しい選手が続いて欲しい」と評価した。

18歳157日のサニブラウンは、05年大会で8位だったウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳355日を抜き、この種目史上最年少での決勝進出となった。また日本人として2003年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、7大会ぶりのファイナリストとなった。ラミル・グリエフ(27)が20秒09でトルコ勢の大会史上初の金メダルに輝き、400メートルとの2冠を狙ったウェード・ファンニーケルク(25)=南アフリカ=は0秒02差の2位だった。

No image

朝原宣治氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋一生“政次”の最期に感動の嵐...大河ドラマ「直虎」
有吉弘行「インチキ」霊感タレントを猛批判
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析
「彼氏欲しい」にスゴイ勢いでマジレスするマンガがグサグサ刺さる! 「毎回思う」「彼氏彼女いる人の綺麗事」と賛否両論 [オタ女]
イッテQも!?「ロケ中止」の裏事情とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加