最新ランキングをチェックしよう
【報ステ】海上保安庁 海図作成のため西之島調査へ

【報ステ】海上保安庁 海図作成のため西之島調査へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/21

海上保安庁は19日、西之島の噴火後、初めての上陸調査を22日から行うと発表した。調査の主な目的は、海の地図『海図』を新たに作製すること。海上保安庁によると、島の面積は噴火前の約12倍となっていて、今回の測定で、日本の領海が約70平方キロ広がることが見込まれている。調査員は、現在の島の生態系を守り、外来種の持ち込みを防ぐため、ある程度の距離から泳いで上陸するという。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
ビートたけしが泰明小学校の校長に怒り 「ちゃんと床屋に行きなさい」に称賛の声
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
「収斂火災」知ってますか?帰宅したら収納ボックスが燃えかけていた...冬に要注意の「火」の恐怖
関東にまた雪が... 千種ゆり子の関東天気のタネ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加