「俺はだんじり祭りの岸和田出身、酒や」が口癖の伊之助 3場所の出場停止 辞職へ

「俺はだんじり祭りの岸和田出身、酒や」が口癖の伊之助 3場所の出場停止 辞職へ

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/01/13
No image

式守伊之助 (c)朝日新聞社

若手行司へのセクハラ行為が判明した、立行司の第40代式守伊之助(58=宮城野)に対し、日本相撲協会の臨時理事会は、3場所の出場停止処分を言い渡した。伊之助からは辞職願が出ており、協会は5月の夏場所以降、受理するという。

【写真】式守伊之助と親交の深かった白鵬

伊之助は昨年12月の冬巡業中に、沖縄・宜野湾市で夕食中に泥酔し、部屋まで送ってもらった若手行司に数回キスし、胸を触るセクハラ行為が発覚。宮城野部屋関係者がこういう。

「伊之助は普段、歴史小説が好きで、頭もよくて、宮城野親方の知恵袋的な存在。同じ部屋の白鵬にもものを言える唯一の存在で、白鵬自身も一目置いていた。だが、伊之助の酒癖の悪さは有名で、男色ではないが、こういうセクハラ行為は過去にもあったと聞いており、『これくらいのセクハラでよかったよ』という声も出ている」

同関係者によると、伊之助は酒を飲みだすとビール、日本酒、焼酎など手当たり次第、泥酔するまで飲んでいたという。

酔うと口癖のように、「俺はだんじり祭りで有名な岸和田の出身。だんじり魂、酒や、酒がないとやってられない」と言い出し、騒ぎ出したという。

「昔、一緒に飲んでいた関取のちょんまげを叩き、『おい、もっと飲め』と言い、『俺の酒が飲めないのか、投げてやる』と絡んだりしたこともあった。地方巡業では酒に酔って民家の屋根に上り、大騒ぎになったこともあります。2015年から16年に軍配のさし違いを3場所連続4度やって、出場停止になったときは、本当に憔悴して、奥さんが心配して巡業先まで東京から一緒にやってくるほどでした。普段は、気の小さい、やさしいひとです。若くして、幕内、三役、立行司とあがっていったので、プレッシャーもあったのでしょう。おまけに木村庄之助が空席だから襲名の話は、何度も出ていた。しかし、『立行司は横綱と同格、品格が大事だ。伊之助はちょっとまずい』と協会幹部から危惧されていた」(相撲協会関係者)

協会幹部の予感は見事に当たったようだ。

※週刊朝日 オンライン限定記事

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝乃山、親方助言で6連勝「余裕はない。必死です」
稀勢の里に来場所進退問題も 横審の温情見解も変化
鶴竜 泰然全勝!一人横綱なんの、全て受け入れ土俵に「集中」
稀勢、やっぱり5場所連続休場...場所後の横審「進退」議題確実
5場所連続休場の醜態を見せた横綱・稀勢の里はもう引退すべきなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加