柏木、長澤のポジションを奪って日本代表になる!――山田直輝、浦和復帰の真相

柏木、長澤のポジションを奪って日本代表になる!――山田直輝、浦和復帰の真相

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

浦和でポジションを奪えば、日本代表も見えてくる。その決意も強い。(C) SOCCER DIGEST

No image

4シーズンぶりの浦和復帰が決まった。「もう一度チャレンジしたかった」と山田は語った。写真:徳原隆元

No image

湘南のJ2優勝とJ1昇格に大きく貢献した山田。シーズン終了後は、その去就が注目されていた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

「一生に一度のサッカー人生。チャレンジしたい気持ちに勝てなかった」

2015年から3シーズン、期限付き移籍で加入した湘南ベルマーレを経て、来シーズン、浦和レッズに山田直輝が戻ってくる。
「チャレンジ」と「日本代表」。このふたつの想いを抱いて――。

――◆――◆――

今年10月中旬。リーグが佳境にさしかかるとともに、各クラブは来季への補強の準備を進める時期でもある。

「3年のレンタルは普通、あり得ないからね」

言葉の主は、浦和レッズ・山道守彦強化本部長。その言葉には、浦和の街で育った“秘蔵っ子”山田へのクラブ側の譲歩と我慢が見え隠れしていた。その一方、「もう一度、浦和で勝負した方が良い。彼は浦和の人間だから」と湘南での高い評価と愛情があった。

ちょうど同じ頃、山田はJ1昇格に向け、チームの主力として邁進していた。右にいたかと思えば、左に。前にいたかと思えば後ろへと動き回り、自在にボールを捌く。

さらに、ここぞの勝負時に顔を出し、ゴールに迫る。J2・35節のツエーゲン金沢戦では開始11秒でゴールを決めたこともあった。以前は試合に出ても、すぐ怪我をしていた弱い身体は湘南のハードなトレーニングと食事の改善でタフな戦いに耐え得る身体となった。

「献身・創造・魅了」

幾度となく怪我に見舞われ、試合に出られない不遇の時は終わった。プロ9年目の今季、誰もが見たかった山田直輝らしいプレーを見せ続けた。

J1昇格が見え始めた秋頃から、山田は「来年、自分はどこのチームにいるか」と漠然と考え始めた。その漠然としたものが深い悩みに変わったのは、リーグ最終戦が終わった後の11月下旬。

湘南残留か浦和復帰か――。

チームメイトに「1日、1日、気持ちが変わっている」と気持ちを明かすなど、心は振り子のように行ったり来たりしていた。 また、これまで楽しくサッカーをできることを最優先にしていた山田にとって、徐々に頭をもたげてきたのが来年、開催されるロシア・ワールドカップに日本代表として出場すること。

日本代表に入るにはどうすればいいか、山田は2か月、考えたという。
「湘南で試合に出続けても代表に選ばれる可能性は十分にある。それは3年間過ごしたから、分かっている。それと浦和でスタメンを勝ち取る難しさや、どちらが代表に近いかと考えた時、結局、答えにたどり着かなかった」

日本代表への想い。湘南への愛情。浦和への愛情。

思いが交錯するなか、決め手になったのが、「絶対に後悔したくなかった」という浦和での再挑戦だった。

「もし湘南でずっと試合に出て、J1優勝に導いても、引退した時に“なぜ、あの時、浦和でもう一度、チャレンジしなかったのか”と絶対に後悔すると感じた。そう思った時、50:50だった気持ちが変わった。それが決め手。浦和でチャレンジする気持ちしかない」

またこれまで、浦和に戻ることのリスクばかり考えていた山田を再挑戦へと動かしたのは、紛れもなく湘南での3年間があったからだ。

「湘南で培った、湘南で育った身体でもう一度、浦和でチャレンジしたい。前の僕じゃないことを浦和のサポーターに見せたい。また湘南のサポーターには、湘南で培ったものが浦和でも通用することを証明したい」

その山田を3年間、指導したのが湘南・曺貴裁監督。頑固な性格からか、指示通りのプレーをしなかった山田を厳しく、根気強く指導した。その結果、独りよがりなプレーは影を潜め、フォアザチームの精神がプレーにも反映されるようになった。

山田が期限付き移籍する前年の14年秋。「直輝なら湘南で生きる」と確信していた曺監督。時間はかかったが、その見立ては正しかったのだ。 浦和復帰を伝えた際、曺監督から「どうなろうと、ここでやった気持ちや心は忘れるな」とはなむけの言葉があった。

「本当に悩みましたが、幸せな悩みだった」そう山田は振り返った。

来季も指揮を執り、ユース時代の恩師・堀孝史監督が敷く布陣に照らし合わせると、山田は中盤のインサイドハーフでの起用が予想される。そのポジションには、柏木陽介、長澤和輝といった日本代表候補がいる。

「奪えば、日本代表だと思う。2人のポジションを絶対に奪いたい。今は楽しみしかない」と笑顔がこぼれた。

来季、浦和のユニホームに袖を通す山田直輝。この言葉に決意が込められている。
「来年の背番号ですか?プロになって初めてつけた34は絶対につけない。だって、すべて元に戻ってしまうから。たとえ、何があっても浦和にいたあの頃の僕には戻りませんから、絶対に」

文●佐藤亮太(レッズプレス!!)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
YSCC横浜のFW松田康佑が現役引退を発表「僕の幸せなサッカー人生は皆さんに作って頂いた」
熊本、FW田中達也とMF米原秀亮との契約更新を発表
熊本の北嶋秀朗コーチがヘッドコーチに昇格「熊本の未来を作ることに全力を尽くしたい」
長谷川健太に再建を託すFC東京。16歳・久保建英はどう使われるのか
メスが12試合ぶりの勝利!川島は出場試合で今季初白星
  • このエントリーをはてなブックマークに追加