海賊版サイト対策も 電子書店5社が「日本電子書店連合」設立

海賊版サイト対策も 電子書店5社が「日本電子書店連合」設立

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/04/17
No image

アムタス、イーブックイニシアティブジャパン、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ、パピレス、ビーグリーは4月16日、5社が発起人となり、健全な市場の発展を目的とした「日本電子書店連合」の設立を発表した。

活動内容は、電子書籍読者への正規版購入の理解と啓蒙活動や、電子書籍市場関係者との連携を含む海賊版サイト対策、そのほか健全な市場発展を阻む事象への対応としている。

今回の設立は、海賊サイトをはじめとしたさまざまな問題にたいし、読者に対する正規版購入への理解と啓蒙活動をするなど、関係各社が連携して対策をすすめるためとしている。

■関連サイト

ニュースリリース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク
入社後に期待を裏切らない企業ランキング!1位はあの有名コンサル
武蔵野、USJ近くにエリア最大のオフィシャルホテル 2019年秋開業
世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった
爆死案件が続々「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加