平松愛理 24回目の震災復興ライブ「歴史年表の1行にしないよう歌い続ける」

平松愛理 24回目の震災復興ライブ「歴史年表の1行にしないよう歌い続ける」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/01/13
No image

震災復興支援ライブを開催した平松愛理=神戸・K-wave

歌手・平松愛理(54)が12日、故郷の神戸市で阪神・淡路大震災/東日本大震災復興支援ライブ「1・17 KOBE MEETING2019」を開催した。

阪神・淡路大震災後に始めたライフワークで、今年で24回目。約3時間のライブでは代表曲「部屋とYシャツと私」などを披露。ライブの収益金を震災遺児支援施設などに寄付し、集まったファンに「皆さんと出会えて、皆さんのおかげでここまで続けてくることができました」と感謝した。

今年デビュー30周年となるが「95年1月17日に起こった事を、歴史年表の1行にしたくないので、私はこれからも歌っていきます」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
倉木麻衣、20周年イベントでウェディングドレス+20ヵ所ライブ開催発表も
声優・鈴村健一 初主演映画「AD-LIVE」予告編&主題歌ジャケ写解禁
水樹奈々、6年振りとなるオーケストラライブ「LIVE GRACE -OPUSIII-」開催
宇多田ヒカル「Face My Fears」世界各国での盛り上がりを可視化
倉木麻衣、20周年イヤー最初はウェディングドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加