西川と東口がGK合宿打ち上げ「充実した時間」

西川と東口がGK合宿打ち上げ「充実した時間」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

キャッチングの練習を行うGK東口(撮影・加藤哉)

日本代表のGK限定合宿2日目が18日、堺市内で行われた。この日は午前、午後と2部練習を消化。ハリルホジッチ監督の指導を視察するために、J下部組織の指導者ら45人も集まった。午前中はフィジカル中心のメニューだったが、午後からは大学生のフィールド選手を呼んでシュート対応のより実戦的なメニューもこなした。

短期合宿は19日まで行われるが、15日のルヴァン杯決勝で延長含む120分間を戦った浦和GK西川と、G大阪GK東口の2人はこの日で合宿を打ち上げた。

西川は「ミーティングではいろんなGKの失点場面を見ながら話し合いをした。充実した時間を過ごすことができました」。東口も「基本的な細かいことを再確認することができた」と話した。

午後練習の最後には、米国系ハーフで初招集の196センチGKシュミット・ダニエル(24=松本)が左足首を負傷するハプニングも発生。シュミットは大事をとって、クールダウンのランニングを回避した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田圭佑が米国に育成チーム設立 今月からトライアウト実施
本田圭佑が若手育成で米国進出...新チーム設立し“本田流”メニューを提供
高松商イレブン、アテネ五輪代表監督・山本氏から指導
レーサーの井原慶子選手、女性プロアスリート対象の栄誉ある賞に海外で選出される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加