東京・赤坂の「チロルチョコ大好きコンビニ」が12万個仕入れでライバルに「本家宣言」

東京・赤坂の「チロルチョコ大好きコンビニ」が12万個仕入れでライバルに「本家宣言」

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/02/24
No image

東京のオフィス街・赤坂には、チロルチョコがおそらく日本で一番くらい大好きすぎるコンビニがある。「武田信玄ファン2万人」などといった謎のポスターを貼って10万個を仕入れたり、新商品の焼まろん味を3万個仕入れたり…。

これまでもその偏愛ぶりをたびたびお伝えしてきたが、今度は輪をかけてとんでもない数のチロルチョコを仕入れていることが判明した。

■「12万個」ってどういうこと?

No image

その店は、TBSにも程近いセブンイレブン赤坂Bizタワー店。千代田線赤坂駅と直結という絶好の立地ではある。

今回、同店が仕入れたチロルチョコの数は、じつに12万個。もし全部買い占めて1日1個ずつ食べると、食べきるのに328年かかる計算だ。あなたが仮に長寿で知られるガラパゴスゾウガメだとしても、ちょっと難しいだろう。

■チルドケースにもチロルチョコ

店内には、例によっていたるところにチロルチョコの山、山、山…。このコンビニがチロル愛に燃え上がってしまったとき、「チルドケース」という概念は二の次になってしまうようだ。

No image

なお、12万個は1店舗だけではなく、このコンビニを運営しているフランチャイジーが、都内に4店舗のセブンイレブンを経営しており、その合計。

だとしても、この赤坂Bizタワー店だけで7万個のチロルチョコを仕入れたという。

■「本家」って何?

ひとつ気になるのは、「本家の底力」という謎のメッセージ。これについて、店員さんに聞いてみると…

「横浜の京急にあるセブンイレブンが、うちのマネをしてチロルチョコを大量に仕入れたらしいんですよ。それがニュースになってるを見たら、『1万個』だと。

うちは全部で12万、この店だけでも7万個ですからね(ちょっと得意げ)。何度もこんなキャンペーンをやっている愛とこだわりを、『本家の底力』という言葉に込めました」

ということで、首都圏のセブンイレブンでは、思わぬ「チロルチョコ戦争」が勃発しているようだ。

■今度の新商品も間違いなくウマい

No image

しかし、肝心なのは味だろう。しらべぇ取材班も、12万個の中から1個選んでみた。今回の新商品は、「桔梗信玄餅☓辻利☓チロルチョコ」というトリプルコラボ。

チョコ部分には、濃厚な抹茶の香りと大人の苦味、噛むと中から桔梗信玄餅らしい黒蜜と餅が登場する。これはたしかに美味しいのだが、12万個仕入れるというのは、やっぱりさすがに…。

と思って、また店員さんに聞いてみると、「1日1,500個売れてます。バレンタインのときはその2倍売れました!」とのことで、3ヶ月たたずして売り切れる計算だという。これまでに大量仕入れした際にも、すべて完売しているというから驚きだ。

お近くの方は、ぜひこの「祭り」に参加してみてほしい。

・合わせて読みたい→ファミマ限定のチロルチョコきなこもちのアイスバーが安定の美味しさ

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローソン「パリパリ海老スティック」
マニア歓喜:ステーキガスト、鉄板にチーズだけが詰まった謎の商品を発売してしまう! もはや風呂!!
【本日スタート】いきなり!ステーキが「ステーキ祭り」
SNSで話題の出産立ち会い休業の貼り紙「ご麺なさい」に込めたうどん店長の思い
工藤静香、手作りお弁当の豪快さに驚きの声「体育会系男子のドカベンかと...」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加