【府中牝馬S】重賞初挑戦ワンブレスアウェイ 余力十分に先着

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

7月阿武隈S1着以来で重賞初挑戦のワンブレスアウェイはWコースでラスト1F12秒8(馬なり)。道中はモヤで見えなかったが、余力十分にトーセンヴィータ(2歳未勝利)に4馬身先着。

古賀慎師は「いい動き。ここ目標に順調に来ている」と合格点。昨年5月以降は4勝、2着4回で3着以下なしの充実。「レースぶりに幅が出てきた。馬体が増えて、パワフルになった。重賞でも楽しみ」と野心満々だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
電柱衝突で後部座席の1歳男児が死亡 その時父親は
元AKB48・小嶋陽菜がファッションサイト立ち上げも......ハワイで見せた“腹肉”に驚愕!?
エスカレーターの車いす転落 後ろにいた女性が死亡
エッチしたあと男が「むなしい...」と強く感じてしまう女4パターン
音量MAXのはずなのに、通話相手の声が小さいです!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加