パイロット不足で欠航続出。「憧れの職業」に何が起きているのか

パイロット不足で欠航続出。「憧れの職業」に何が起きているのか

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2017/12/07
No image

かつては男の子の憧れの職業でもあった航空機の「パイロット」。しかし近年、LCCの台頭や便数の急激な増加で彼らの置かれている状況が激変しているようです。現在、パイロットの人手不足で欠航が相次ぐ航空会社が社会問題化しているそうですが、一体何が起きているのでしょうか。米国育ちで元ANA国際線CAという経歴を持つ健康社会学者の河合薫さんが、自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、パイロット不足の現状と今後行うべき対策について詳しく解説しています。

パイロットが足りない!

パイロット不足による欠航が相次いでいます。

11月にはエアDOが、新千歳─羽田間と新千歳─仙台間で計34便(17往復)を運休。

これまでにもピーチ・アビエーション、バニラエアが「パイロットが足りない」「パイロットが病欠」等の理由で、運航を取りやめてきました。

欧州ではLCC最大手のライアンエアが11月から来年3月で、計1万8000便を運休するなど、世界中の航空会社、とりわけLCCでパイロットが確保できていません。

先日、アメリカン航空で「クリスマスシーズンに1万5000便が飛べない!」というニュースが入ってきましたが、こちらは「システムがサンタクロースになって、『みんな、休暇が欲しいかい? オーケー、全員にあげるよ』と言ってしまった」
ことが理由です。

「“人員余剰”と勘違いしたコンピューターが休暇を大判振舞いした」とはずいぶんお粗末ですが、慢性的にパイロット不足にあることに変わりありません。

現在、「時給を1.5倍にするから休暇を返上してくれ!」とお願いしているようですが、「もっとくれないとムリ」と組合は反発してますし、株価も急落してますし、アメリカン航空……、ヤバいですね。

いずれにせよ、世界中でパイロットが大量に不足していて、年々深刻さが増しています。

ICAO(国際民間航空機関)の予測データによれば、2010年の段階で全世界で46万人であったパイロットが、30年にはおよそ2倍の98万人にまで必要になるとされていました。とりわけアジア太平洋地域は深刻です。

10年段階で5万人しかいないアジアのパイロット需要が、4.5 倍に増えるとされているのです。

これらは「2030年問題」と呼ばれていました。

“呼ばれてた”と過去形なのは、8月で変わったからです。

なんとパイロット問題が10年繰り上げられ「2020年」になった。

「あと3年後の2020年に、世界中でパイロットが絶対的に足りなくなる!」のです。

なぜ、こんなことになってしまったのか?

背景には、路線の拡大に加え、生産性を高めるためにジャンボジェットの3分の1程度の座席数で、燃費効率のいい航空機を大量に購入し、便数を増やしたことが影響しています。

そこにLCCの台頭。しかも世界中で予想以上に増え、2030から2020年に前倒しされたのです。

確かに世界中いたるところでLCCだらけになり、小型の中距離飛行機も増え、路線も急増……。

これじゃあ、パイロットが足りなくて当たり前です。。

おまけにパイロットの労働環境も大きく変わり、かつてほどの人気商売ではなくなりました。

航空会社は月間乗務時間を延長し、渡航先の宿泊数を削減。

ミニマムクルー(最少乗員数)の基準も変え、インターバル(休憩)をなくし、夏休みを廃止。

さまざまな手当も廃止され、給料も激減したのです。

米国ではマックの時給より低いLCCもあるほどです。

「もともともらい過ぎだったんだからいいじゃん」という声も聞こえてきそうですが、厳しい勤務状態は事故に繋がる由々しき事態です。

「9時間フライトは休憩なしの2人乗務で、これはかなりしんどい」

「日本は11時間フライトまで交代要員のいない2人だけの乗務できる」

「2泊4日だった成田─シアトル・サンフランシスコ線が、1泊3日になった」

などなどパイロットたちは悲鳴をあげています。

しかも、最近は中国系エアラインが高額の給与を提示し、引き抜きを行なっているとのウワサがアチコチから聞こえてきました。

「結構な額を提示されるみたいで、賃金の安いLCCだけでなく、大手のエアラインでも引き抜かれてる。マジでパイロット不足どうするんだって感じ。やばいですよ」(航空会社勤務の方の証言)

それでも埋まらない“穴”を埋めるために、賃金の安い外国人パイロットを採用し、LCCなどではコストのかかる自社育成はできないので、大学などにパイロット養成を任せたり、アウトソーシングでパイロットを確保するエアラインも出てきてます。

なんとも……。

量がたりなければ、必然的に「質」の低下も必然で、実際欧米では、パイロットの養成期間短縮のためにシミュレーションでフライト訓練を行い、「ホンモノの空を飛んだことがない」ままデビューするケースも出ててきているのです。

安全対策だけは絶対に手を抜かないで欲しいですが、賃金の低下、厳しいスケジュール、アウトソーシングなんてことが今後も続いていけば、会社へのコミットメントが低下するのは避けられません。

今後も空の情報は伝えていきますが、「どこのエアラインを選ぶか」というのは、今後顧客側に求められる能力になることは間違いありません。

今回のまとめ

LCCなどの台頭により、世界中の航空会社でパイロットの人材不足が深刻化している

背景には燃費効率のいい航空機を大量に購入し便数を増やしたことが影響している

今後は顧客側が安全面でどこの航空会社を選ぶか、その目利きの能力が必要になる

image by:shutterstock

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インド警察、カトリックの聖歌隊と司祭計40人を拘束
ヘリに攻撃され両足失っても抗議続けたガザ地区の男性、デモ中に撃たれ死亡
ビットコインでISに1700万円送金、女を起訴 米
国は犯罪事件で押収したビットコインを記録的な高値で売ろうとしている
「救急車をタクシー代わりに使うな」助産師に非難された19歳妊婦、数時間後に赤ちゃんを亡くす(英)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加