伊藤有希 4位も復調に手応え「いい感覚をつかめた」

伊藤有希 4位も復調に手応え「いい感覚をつかめた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

跳躍する伊藤有希

「スキージャンプ・女子W杯」(13日、宮の森ジャンプ競技場)

男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目、2回目とも93メートルで、238・2点で3戦連続の3位に終わった。これで今季は5戦未勝利、昨季最終戦から6戦連続のV逸は自己ワーストタイとなった。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が252・9点で今季3勝目。今季2勝をあげているカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が248・6点で2位だった。日本勢では伊藤有希(23)=土屋ホーム=が4位だった。

昨季W杯総合2位ながら高梨とともに今季Vのない伊藤は、1回目に93・5メートルを飛び3位。2回目は91・5メートルに止まり4位で今季2度目の表彰台は逃したが、昨季W杯初優勝も飾った札幌で復調の手応えをつかんだ。「今日は確実に良くなる過程を踏めた。助走が良くなっている。ここまで糸口を見つけられないできたけど、いい感覚をつかめた」と笑顔も浮かんだ。

上位陣の強さは際立つが「成績を見ても(上位は)遠いけど、これから良くなる実感はある」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
動けなくなくなった飼い犬を山に置き去りにし死なせた登山者に非難殺到(英)
小島瑠璃子 ふっくらバストが眩しい貴重なビキニ姿は「こじるり無双」
「ヤンマガ」が熱烈オファー、劇団4ドル50セント福島雪菜の妖精ボディ
有安杏果 ももクロ卒業がなぜそこまで電撃的だったのか?
散歩中に愛犬が大変なモノくわえ赤面
  • このエントリーをはてなブックマークに追加