恵比寿にオープンした噂の焼鳥店は 今年の上半期を席巻する店になる!

恵比寿にオープンした噂の焼鳥店は 今年の上半期を席巻する店になる!

  • CREA WEB
  • 更新日:2019/02/14

◆鍈輝(えいき) [恵比寿]

「鳥しき」の辣腕若手が独立 あの名店のDNAももつ男だった!

No image

今回は、恵比寿にオープンした焼鳥店。2019年上半期一番の話題店になる予感!

焼鳥が好きである。なかでも「鳥しき」の焼鳥が好きである。しかし、なんにせよ予約が取れない。

つい先日も食べログアワードでGOLDを獲得していたから、そのハードルは上がりっぱなしだ。

そんななか、2019年2月1日にオープンした「鍈輝(えいき)」。店主は小野田氏。

焼鳥好きなら「おっ」となるだろう。そう、「鳥しき」で研鑽を積み、「鳥かど」を任されていた精鋭だ。

場所は恵比寿。といっても、チェーン店が並んだ西口ではなく、東口を降り、8分ほど歩いた辺りというのもいい。

近くには町中華の名店「栄楽」もある。大人が落ち着いて食べ歩きできるエリアだ。渋谷恵比寿郵便局の真隣りに、目的の店を発見。

なんだ、このピカピカは(笑)。壁面に銅が張られている。少々戸惑いながら、左の戸を開ける。

No image

19時に訪問したのでこんなかんじだが、昼間はかなり目をひくはず……。

おまかせスタイルで楽しませる 渾身の“焼き”は変わらず!

コの字型の白木のカウンターが美しい。カウンターの内側には焼き台。そこに凛々しい姿で立つ小野田氏。

「京風ではなく、江戸っぽいニュアンスで、とお願いしました」という内装は、温かみがあり、腰を落ち着けるのにぴったり。

No image

全15席。店主がすべての客に目配りできるちょうどいい大きさ。

まずは飲み物を。「鳥しき」でもお馴染のじゃばら酒がある!

花粉症対策が期待できるといわれているから、マスクの欠かせない時期になってきた私にはぴったり。ソーダ割でお願いする。

ほかに、日本酒も選りすぐりのものが、ワインはセラーまで入れてのラインナップ。焼鳥とのマリアージュを楽しみたい人にもよさそうだ。

No image

きゅうり、にんじん、大根の漬物とともに、まずは乾杯。

提供は、「鳥しき」と同じ、おまかせ。客が「ここまで」というところでストップを伝えるスタイルだ。

まずは、さび焼きでスタート。ふわふわの大根おろしもセット。少なくなったら追加してくれるので、遠慮せずいただこう。

皿にも見覚えがある。

「鳥しきと同じですか?」

「色違いですが、同じ作家さんのものを入れさせてもらっています」

No image

中はしっとり、外側はうっすらと焼きが入る。このバランスがすばらしい。

続いて、かしわモモ肉、シシトウ。かしわにまとわせたタレの塩梅もちょうどいい。

この日は、小野田氏の焼鳥を毎月食してきた常連と連れ立っての訪問だが、彼も「うん、うん」と納得している模様。

No image
No image

肉、肉、と続くのも悪くないが、途中に挟む野菜もまたいいんだな。

首の皮は炭に炙られチリチリッとなった脂の部分がうまい。白玉(うずら)の火入れもばっちり。

No image
No image

好きなものが次々とやってくる。お酒のピッチも早くなってしまうな。

さえずりは喉、ハツモトは心臓でも動脈に繋がっていた部分。貴重な部位が次々とやってくる。

No image
No image

ありがたくいただく。よく動いていた場所なだけに、歯応えがすばらしい。

セセリ、銀杏を食べたところで、連れが少し苦言を呈する。「火入れがいつもより強くないですか?」と。

「はい、まだダクトにススがついていないので、火の勢いが強いんです」

なるほど、酸素の通りがいいからか!

素人食べ手の私はただただうまいと思っていたが、新店にはそんな苦労もあるのだな。

No image
No image

このセセリが最後にまたいい仕事を……、おっと、それは次ページのお楽しみ。

しかし、それをものともしない実力が小野田氏にはある。

もちろん大体は「鳥しき」での修業で培われたものだが、それだけではないことがわかった。実は……!

オリジナリティあふれる〆の一品 この先の展開も目が離せない!

てっきり、鍈輝は小野田氏の下の名前かと思っていたらそうではなかった。

実は、彼の実家は田園調布の名店「鳥鍈(とりえい)」。あのミスタープロ野球、長嶋茂雄さんがジャイアンツ現役時代からこよなく愛した店の長男なのだ。

そこから取った「鍈」の文字。では、「輝」の文字はどこから?

「親方の名前から一文字いただきました! ありがたいです」

おおっ、池川義輝氏からの一文字!

麗しき師弟愛ではないか。ボンジリを口にしながら目がしらを熱くする。

No image

もちろん、ボンジリ自体のうまさにも感激して。

そろそろお腹もいっぱいになってきた。しかし、マルハツは逃せない。

No image

プルンプルンの不思議な食感。アツアツのところを気をつけながらいただく。

さらに、軟骨も逃せない。こんなに身がついた軟骨はなかなかない。

No image

レモンをちょっとしぼって。両手を使ってハフハフいいながら。

このタイミングで出してくれる芽キャベツもうれしい。

No image

サッとひと刷毛した醤油が利いている。

抜群の焼き上がりの食道でフィニッシュ。

No image

香ばしい焦げの部分がいいんだな。ああ、満足。

さあ、締めの炭水化物は何があるのだろう。親子丼? 焼きおにぎり? いや、まったく予想外のものだった。

「通年この一品でいこうと思っています」と出てきたのは、セセリとハマグリの炊き込みごはん。いままでの鳥しき系譜にはなかったオリジナルではないか。

No image

共に供される鳥スープも、しっかりうまみが出ている。

あっ、いいこと思いついた!

「お行儀悪くてごめんなさい、お茶漬けにしてもいい?」

「もちろんです!」と小野田氏、「少々お待ちください」と磨りたての山葵を持ってきてくれた。

No image

なんと気が利くことか! この爽やかな笑顔も魅力的。

そんな人柄と“焼き”に惚れ込む客は多い。

「弟子を育てたい」とも彼は言う。スタッフが揃ったら、「鳥かど」でやっていたポテトサラダのような一品や、鴨を焼いたものもやりたいそうだ。

厨房奥にはスチーム・コンベクションが見える。ますます将来が楽しみ。

と、この原稿を書いていたら、またこちらの焼鳥が食べたくなった。予約をするべく電話をしてみてびっくり。

「申し訳ございません、2月はもう満席になってしまいました」。

「えっ、では3月は?」

「そちらは2月中旬からお受けしようと思っています。正直、僕も驚いているんです」

なんと、この記事が公開になる頃ではないか! これは大変なことになってきたぞ。

鍈輝(えいき)

所在地 東京都渋谷区恵比寿2-10-5 ROZIS1階
電話番号 03-5422-8611(予約の電話は14:30~17:30の間に)
営業時間 18:00~24:00
定休日 日曜不定休
予算 8,000円~
[2019年2月訪問]

Keiko Spice(けいこ すぱいす)

東京都生まれ。得意なディスティネーションはハワイと香港。普段は3日に1回のペースで焼肉を中心とした食生活。別名「肉の妖精」。

文・撮影=Keiko Spice

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ディズニー】まるで食の北欧旅行や!シェラトンの北欧フードフェア
【食べ歩き珍"餃"中】宇都宮の餃子
疑惑:マクドナルドをクビになったドナルドが神奈川で再就職?「年金もらってるドナルド」みたいなのがいたので店に正体を聞いてみた
【星乃珈琲店】休日ブランチ♡2019年冬限定メニューも
海外スタバが「星座別おススメドリンク」を紹介! 乙女座は「アイスキャラメルマキアート」山羊座は「コールドブリュー」など

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加