嵐と治水、製鉄、古代の統治 さまざまな要素が読み取れる「八岐大蛇」の神話

嵐と治水、製鉄、古代の統治 さまざまな要素が読み取れる「八岐大蛇」の神話

  • リアルライブ
  • 更新日:2019/10/19

画像はイメージです 先日、自然の猛威から考え出された妖怪たちについて紹介した。 その冒頭で紹介した八岐大蛇は、日本の神話に登場する巨大な悪龍で、首が8本、尾も8つに分かれ、いくつもの山や川をまたぐ巨体を誇るとされている。また、目がほおずきのように赤く光り、背中に苔や杉の木が生え、腹部は常に血で濡れた異形の姿をしている。 実はこの神話には、川の氾濫を防ぐ治水事業と、製鉄技術を持つ民族を征服したことが

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加