思わぬ理由で死刑執行が中止に 薬剤投与の医師も苦悶(米)

思わぬ理由で死刑執行が中止に 薬剤投与の医師も苦悶(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2017/12/04
No image

いったん「死刑」を言い渡された囚人がそれを免れるなど、冤罪が判明した時以外はあり得ないと考えてしまうが、実はそうでもないようだ。このほど米オハイオ州から思わぬ理由で死刑執行を免れた囚人の話題が飛びこんできた。

それぞれの州ごとに死刑執行の方法が定められているアメリカ。現在6割強の州で採用されているのが静脈から致死量の薬物(複数種類の場合も)を注入する方法で、このたびの珍事が報じられたオハイオ州もそのひとつ。眠りに落ちて呼吸が停止し、続いて心臓が停止するまでを見届けるものである。また有名な電気イス、絞首刑、ガス室、銃殺刑は「さらなるオプションが必要となった時」に検討される方法で、これまた州ごとに異なっているようだ。

そんななか、15日午前に死刑が執行されるはずであったアルヴァ・キャンベルという男の受刑者が命拾いしていたことを、オハイオ州のメディア『WKYC.com』が伝えた。キャンベルは前立腺がん、肺がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎と健康上の深刻な問題をいくつも抱え、股関節置換術も受けて現在は一日4回の酸素療法が必要だと訴えている身。死刑執行の現場には呼吸不全を緩和させるための特殊な形をした枕も用意されるなど万全の態勢がとられたが、執行を担当する医療チームは30分間かけてもキャンベルの皮膚表面から静脈を探し出せず、その後に執行は不可能と判断されたという。

「キャンベル氏は『とんだ一日だった。決して忘れることのできない経験をした』と話しています。死刑執行に使用されるミダゾラムという薬剤にアレルギーを持っていることもわかりました。また静脈が探せないことでもわかるように、69歳でこれだけの病気に侵され悪化の一途をたどっているキャンベル氏に対して死刑執行が行われるべきなのか、怪しいものがあります」とデヴィッド・ステッビンズ弁護士は語っている。

殺人事件を起こし5年前に仮釈放というなかでキャンベルは1997年、武装強盗容疑で逮捕・起訴されるも拘置所から逃亡し、車を奪う目的で罪のないチャールズ・ダイヤルズさん(当時18歳)を銃で殺害。再逮捕後に死刑を言い渡されていた。銃殺刑を認めていないオハイオ州につき、一旦振り出しに戻ったキャンベルの死刑執行。次回の予定についてジョン・ケーシック州知事は「2019年6月5日」と示している。

画像は『WKYC.com 2017年11月15日付「Execution of Ohio inmate Alva Campbell canceled due to vein issues」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「なぜ僕をいじめるの?」少年の涙の訴えに各界から激励が相次ぐ
“故プリンスの金庫”山火事からの避難申請却下
これはいったい?海の中から噴き出す真っ赤な液体の正体を探る(カナダ)
“聖地を首都認定”トランプ氏に各国反発
「陸上型イージスや巡航ミサイルを導入する日本の意図とは?」中国メディアが強い警戒感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加