マーリンズ名場面にイチロー古巣凱旋弾 ファン称賛「レジェンドは死なず」

マーリンズ名場面にイチロー古巣凱旋弾 ファン称賛「レジェンドは死なず」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/10/11
No image

4月19日にシアトルで凱旋弾を放ったマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

古巣マリナーズ戦で劇的な凱旋弾を放ったイチロー

マーリンズが2017年シーズンの名場面トップ10を発表し、イチロー外野手の古巣凱旋弾が9位に選出された。

白熱のポストシーズンが展開されるMLBで、すでにオフに入っているマーリンズは球団公式ツイッター、インスタグラムのソーシャルメディアを通じて今季のチームの名場面トップ10を順次、発表した。

その9位に選ばれたのは、イチローが4月19日(日本時間20日)にセーフコ・フィールドで行われた自身の古巣マリナーズ戦で本塁打を放ったシーンだ。6点を追う9回の第4打席に先頭打者で打席に入った背番号51は「イチローコール」が沸き起こる中、右腕マーシャルの初球をフルスイング。右中間にソロ本塁打を突き刺した。

球団公式インスタグラムでは笑みを浮かべるイチローがゴードンとグータッチを交わす写真を公開。「この時を忘れてはいけない…イチローはセーフコ・フィールドで最後になる可能性のある打席を最も伝説的な流儀で終えた」とのメッセージとともに、「Greatest of all time(史上最高)」の頭文字(GOAT)にちなんだヤギの絵文字も添えた。

「最後」に“反論”するファンも、「彼を呼び戻せ」

ア・リーグのマリナーズとナ・リーグのマーリンズは交流戦でしか対戦の機会はない。今季限りでマーリンズと契約満了になるイチローだが、残留の場合、今後セーフコ・フィールドにいつ凱旋するかはわからない。このために「最後の可能性もある打席」と球団公式メディアも伝えている。

この発表に対して、ファンからは「私のヒーロー」、「レジェンドは死なず」、「あれが我らがイチロー」、「彼が史上最高たるゆえん、だ」、「どこであろうが、あれが最後の打席になるはずがない。彼を呼び戻せ」、「最後ってどういう意味なんだ」、「彼は他の選手、そして、若手への輝けるロールモデル」、「史上最高。若手選手と青少年への偉大な規範だ」、「私はここにいた。マリナーズファンだけど、どこでプレーしようが彼を愛する」、「彼は50歳までプレーすると言っていたと思うけれど」などの声が寄せられた。

今季はスタントン、オズナ、イエリッチの外野手トリオが怪我なく、好パフォーマンスを見せたために4番手の外野手という役割のイチローは先発の機会が激減。それでも代打安打でメジャー記録の28本にあと1本と迫るなど、存在感を発揮した。

衰え知らずのイチローだが、古巣相手の凱旋弾はファンの心に焼き付いている様子だ。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中将大、WS王手に導く気迫の快投「率直に今日は自分を褒めてあげたい」
打席でも貢献の女房役が田中将大の快投絶賛「速球の制球が素晴らしかった」
打者ダルビッシュの“気迫”四球が米で話題 40年ぶり珍事は「全員に衝撃」
田中、五回まで無失点=ヤンキース4点リード-米大リーグ・プレーオフ
マー君、3度目の正直! 7回無失点の快投で敵軍エースに投げ勝つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加