スピンオフ版「24」におなじみの人気キャラが復帰

スピンオフ版「24」におなじみの人気キャラが復帰

  • 映画.com
  • 更新日:2016/10/18
No image

(左から)トニー・アルメイダ役のカルロス・ バーナード、デイヴィッド・エマーソン役の ピーター・ウィングフィールド 写真:Everett Collection/アフロ

スピンオフ版「24:レガシー」に、おなじみのキャラクターが復帰することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

「24:レガシー」は、海外遠征から帰国した米兵がテロ対策ユニット「CTU」に助けを求めるところから物語が始まる。これまで、主人公だったジャック・バウアーをはじめ従来のキャラクターはいっさい登場しないといわれていた。

しかし、制作総指揮を務めるマニー・コトとエバン・キャッツはこのほど、トニー・アルメイダの復帰を発表。カルロス・バーナードが演じるアルメイダは、かつてバウアーと同じCTU捜査官だったが悪役になっていった屈折したキャラクターで、シーズン7では投獄されている。また、人気キャラクターのクロエ・オブライエン(メアリー・リン・ライスカブ)も端役での復帰を噂されているが、正式発表にはいたっていない。

制作総指揮のコトは、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のコーリー・ホーキンス演じる米兵を主人公にした理由を「新しいキャラクターで、フレッシュなスタートを切りたかったからだ」と説明。さらに、「ジャック・バウアーはベテランの捜査官だ。しかし、このキャラクターは違う。彼は兵士で、スパイの世界にはまったく慣れていないんだ」と語っている。

「24:レガシー」は、2017年2月5日から全米放送を開始する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
唐沢寿明×窪田正孝「ラストコップ」“前代未聞”の生放送決定
ノンスタ井上他、番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
さんまの予測が的中したSMAP共演特番の消滅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加