香川で鳥インフル確認 鶏9万羽を殺処分

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/01/12

農林水産省は2018年1月11日、香川県さぬき市の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザが確認されたと発表した。この養鶏場では10日、鶏が相次いで死んでいるのが見つかっていた。家畜での鳥インフルの発生が確認されるのは四国では初めてで、国内では今季初。

香川県によると、11日23時45分から殺処分を開始し、12日6時現在で9万1000羽のうち7000羽が処分された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2ゴールの武藤嘉紀を独メディアは大絶賛。「チームのために貴重なドッペルパック」
美人モデルランナーも完走!西谷綾子「天気もよくて、思い切って走れました」
村主章枝、両親のお金を使い込んだ過去激白 - しくじり先生復活
川島永嗣が一発退場...メスは昨季王者モナコに挑むも6試合ぶりの黒星に
井手口が念願の欧州デビューも...チームは接戦を落として降格圏が眼前に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加