【速報】大坂なおみ 第1セットを4-6で落とす。元世界1位プリスコバとの決勝[東レ パン・パシフィック・オープン]

【速報】大坂なおみ 第1セットを4-6で落とす。元世界1位プリスコバとの決勝[東レ パン・パシフィック・オープン]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/09/23
No image

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月17日~23日/ハードコート)女子シングルス決勝で、第3シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦。第1セットは4-6でプリスコバに取られてしまった。

両者は過去に2回対戦しており、1勝1敗。最後に対戦したのは、大坂がツアー初優勝を果たした3月の「BNPパリバ・オープン」準々決勝で、そのときは6-2、6-3で大坂が勝利している。世界ランキング7位の大坂はここまでの3試合すべてストレートで勝利しているが、一方のプリスコバは今大会1回戦は免除だが、ここまでの3試合すべてフルセットで、2時間を超える戦いを制してきた。現在、世界ランキング8位のプリスコバは、昨年に世界1位となった強力なサービスが特徴の選手で、キャリア通算10個のシングルスタイトルを獲得している強敵。

大坂は試合前のインタビューで「手ごわい選手で、難しい試合になると思います。サーブの勝負になると思います。今回は本当に優勝したいです」と意気込みを話しているが、2年ぶりの同大会決勝で見事優勝を飾ることができるのか、期待がかかる。

第1セットは大坂のサービスゲームで始まった。1ポイント目からいきなり豪快なサービスエースを決め、あっという間にラブゲームでキープした。大坂は第3ゲームもラブゲームでキープし、調子を上げていく。しかし、第5ゲームでブレークを喫し、ゲームカウント2-3とされてしまった。

なんとか追いつきたい大坂だが、プリスコバは隙を見せない。大坂はリターンゲームでポイントを奪うも、ブレークポイントを握るまでは至らず、第9ゲームを終えた時点でゲームカウントは4-5となった。

そしてプリスコバのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲーム。大坂はここでもプリスコバのサーブに食らいつくがチャンスを作ることができず、第1セットを4-6で落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」準決勝での大坂
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!

テニスのランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加