高度不妊治療、経験者に聞いた平均費用は193万円 - 16%が「300万円以上」

高度不妊治療、経験者に聞いた平均費用は193万円 - 16%が「300万円以上」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

「妊活ボイス」(CURUCURU運営)は12月5日、「妊活・不妊治療」に関するインターネット調査の結果を発表した。調査期間2017年は10月11~30日、調査対象は10年以内に妊活経験のある20~49歳までの女性、有効回答は300人(妊活時の平均世帯年収約500万円)。

○金銭面がネックになるという声も

「妊活全般にかかった費用」は平均で約35万円。人工授精・体外受精・顕微授精のいずれかを経験した人に限定すると、平均費用は約134万円まで上昇した。さらに、不妊治療の中でも高額となる高度不妊治療(体外受精・顕微授精)経験者の場合、平均費用は193万円まで増加し、300万円以上の人も16.1%を占めた。

高度不妊治療に進むにあたり、金銭面はネックとなったか尋ねると、62.0%が「ネックになった」と回答。続けて「ネックとなった」と答えた人に、料金が安かった場合、高度不妊治療に変化があったか聞くと、「もっと早く治療に進んだ」が53.3%で最多となり、次いで「治療の回数が増えた」が35.6%と続いた。

回答者からは「治療費が高すぎる。助成金がもっとあれば躊躇せずに(治療が)できるのに」(30代前半・愛知)など、国の助成金制度の拡充を求める声や、「わずかな助成金だけでなく、大部分を保険診療にしてもらいたい」(20代後半・埼玉)など、保険内診療を求める声が多く寄せられたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コレジャナイ感!ティラノサウルスの最新想像図が公開される!
iPS細胞で作られた臓器が何万人もの命を救う - ミニ肝臓の大量製造法を確立
ノーベル物理学賞「重力波の観測」は何の役に立つのか?
【衝撃】人体を透視する“X線視覚”をもつ超能力ロシア美少女・ナターシャの謎! 体内の異常を次々的中、日本人大学教授も驚愕
【永久保存版・詳説】地球人は5次元生命体「アクトゥリアン」たちに“生かされていた”! 銀河系の守護者、慈愛溢れる“神エイリアン”の生態とは!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加