頑張らずにダイエットできる。長く続けられる気ままな「散歩」のすすめ

頑張らずにダイエットできる。長く続けられる気ままな「散歩」のすすめ

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2016/12/01
No image

ダイエットのために走る人も多いですが、実はただフラフラと歩く「散歩」も美容や健康によいのだそうです。ダイエット、睡眠、ストレス発散など、身体によい効果のある散歩を習慣にしてみませんか?

頑張らずに、ただフラフラ歩くだけでOK

ダイエットのためと思っても、走れば疲れが溜まりますし、腕を振って仰々しく行うウォーキングは、なんとなく楽しくないという方もいるのではないでしょうか。個人的には、「いかにもダイエットをしている」感じが、ちょっと気恥ずかしい気持ちになります。

「でも、フラフラ歩くより、一生懸命歩いたほうが痩せるんじゃないの?」と、思う方もいることでしょう。しかし実際は、気ままに散歩をしても、仰々しくウォーキングをしても、消費エネルギーに大差はないようです。20分間の散歩で消費カロリーは120kcal程度、ウォーキングで130kcal程度といわれています。つまり、フラフラ散歩をしていてもダイエット効果が得られるのです。

頑張らない散歩にダイエット効果がある理由

気ままに歩く散歩は、時間の経過を感じにくく、その結果、長距離・長時間を歩いていることがあるそうです。

敷地の広い遊園地に行った日には、「今日はすごく長距離を歩いたんじゃないか?」と思うことがあります。でも、意識しなければ、長距離を歩いたことも自覚しない人が多いでしょう。

散歩も同様。無意識のうちに長距離を歩けるので、消費カロリーが多くなります。

No image

「散歩」には、ダイエットの他にもうれしい効果が!

散歩には、他にも美容や健康にいいうれしい効果があります。

脳が活性化し、ひらめきやすくなる

ストレス発散になる

下半身の筋力アップ

心肺機能の向上

散歩をすると血行が促進され、脳の働きが活性化するといわれます。あのスティーブ・ジョブズも散歩をしながらミーティングをしていたようで、脳科学的にも散歩はとてもいいようです。

緑の中や海岸などを散歩すれば、景色にも癒され、ストレス発散になります。血行もよくなるので、重い生理痛などや冷え性などにお悩みの方にもおすすめです。

実はわたしも、毎日5〜6キロの散歩をします。自然の中を歩いていると、意外とあっという間です。気づけば体重も減り、身体のラインも引き締まってきました。なかなかダイエットが続かないという人は、気ままにフラフラと散歩してみてはいかがでしょうか。

ただ、これからの季節は紫外線対策をお忘れなく。

文:杉浦優子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボーボーは勘弁して! 女性が「冬につい油断しちゃうケア」第1位は?
美容家に聞く「心と体がきれいになる私の食生活教えます!」
1位疲れてる!? 男性が思う「目が充血した女性の印象」2位は
塗って一晩でふくらはぎに隙間が!即効で全身やせ!噂の美ネタをガチ調査!【脚編】
上半身の厚みを減らす!背中と二の腕を引き締める方法とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加