楽天岡島、1番・捕手で攻守に躍動 梨田監督「スタートでも行ける」

楽天岡島、1番・捕手で攻守に躍動 梨田監督「スタートでも行ける」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/02/14
No image

KIA打線を抑えた森(右)と岡島のバッテリー

◆ 「非常に緊張しました」

楽天の岡島豪郎外野手が14日、韓国・KIAとの練習試合に「1番・捕手」で先発出場。打っては初回にクリーンヒット、守っては先発・森雄大を2回まで好リードと、攻守で存在感を示した。

元捕手の岡島は、緊急時のオプションとして捕手練習を再開。11日の紅白戦に続きこの日もマスクを被り、先発・森とのコンビでKIA打線を2回までパーフェクトに封じた。岡島は2回終了時点でベンチへ退き、「非常に緊張しました。ゲームの入り方を意識してやりましたけど、なかなか難しかったです」と話した。

打席では初回、先頭打者として痛烈な右前打をマーク。ここは得点につながらなかったものの、打撃については「いい状態」とコメントした。

梨田監督は岡島の捕手に起用について、「いろいろな場合に備えてだけど、何かあったらスタートでも行ける」と高く評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スピードスケート女子初 小平奈緒が金メダル獲得
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
ヤクルト・山田、豪快弾 侍・稲葉監督も復調に太鼓判「今年は順調」
ヤクルト山田哲人弾「今年はやる過去一番強い意志」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加