カンフーキックで長期出場停止&退団のエブラ、引退は考えず。「ここでキャリアは終わらない」と代理人

カンフーキックで長期出場停止&退団のエブラ、引退は考えず。「ここでキャリアは終わらない」と代理人

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/12
No image

パトリス・エブラ【写真:Getty Images】

マルセイユ退団が発表されたDFパトリス・エブラは、まだ現役引退を考えていないようだ。同選手の代理人が、イタリア『ガゼッタ.it』にコメントを残している。

エブラは今月、ヨーロッパリーグのビトーリア・ギマランイス戦の際、ファンに繰り返し野次を浴びたようで激怒。ピッチサイドにきたファンにエリック・カントナ氏を彷彿とさせる蹴りを見舞って、試合開始前に退場となった。

事態を重く見たUEFAは、エブラに対して罰金と今シーズンいっぱいのUEFA主催大会の出場停止を言い渡している。その直後、マルセイユは選手との契約解除を発表した。

36歳でフリーになったエブラ。このままスパイクを脱ぐのではないかという声もある。しかし、本人はまだ現役を続けるつもりのようだ。

フェデリコ・パストレッロ代理人は、「過ちを犯したことを彼は分かっている。ただ、彼のキャリアはここで終わりではない。こんな終わり方は望んでいないんだ」とコメントしている。

「すでに多くのクラブから連絡があった」と同代理人が明かすと、イタリア復帰の可能性について問われ、「ユベントスで過ごしたあと、セリエAに戻ることをパトリスは考えていない」と返答したが「何も除外はしない。ナポリだってね。ただ、それは複雑だと思う」と話した。

突然フリーになったベテランDFは、どこへ行くのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
移籍の噂が付きまとうグリーズマン、来年1月の移籍を完全否定
UEFAが“究極のベスト11”を発表!C・ロナウド、メッシのほか引退した選手の名前も
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
ドルトムント、規律違反のオーバメヤンがCLトッテナム戦で復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加