くるり、10000枚限定シングルに異なる2バージョンの“その線は水平線”収録

くるり、10000枚限定シングルに異なる2バージョンの“その線は水平線”収録

  • rockinon.com
  • 更新日:2018/01/13
No image

くるりが2月21日(水)にリリースする、10000枚限定シングル『その線は水平線』に、異なる2バージョンの“その線は水平線”が収録されることが発表された。

この2バージョンではそれぞれ別のドラマーを迎えており、1曲目に収録の“その線は水平線”には屋敷豪太が、8曲目に収録の“その線は水平線 Ver.2”にはクリフ・アーモンドがクレジットに名を連ねている。また、ドラムだけでなく楽曲のアレンジ自体も全く違ったアプローチを施しているとのこと。

●リリース情報

10000枚限定シングル 『その線は水平線』

2018年2月21日(水) 発売

(CD) VICL-37359/¥1,700+税

1. その線は水平線

2. ジュビリー from 京都音楽博覧会2017

3. everybody feels the same from 京都音楽博覧会2017

4. 特別な日 from 京都音楽博覧会2017

5. 京都の大学生 from 京都音楽博覧会2017

6. WORLD’S END SUPERNOVA from 京都音楽博覧会2017

7. 奇跡 from 京都音楽博覧会2017

8. その線は水平線 Ver.2

くるり オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
速報:Sexy Zoneライブツアーチケット詳細発表!
宇多田ヒカルが初新人プロデュース「使命感を感じ」
Da-iCE 岩岡徹、和田颯が1人の女性を奪い合う三角関係に!?
星野源、新曲「ドラえもん」に中毒者続出「ドドドドドドドド」「頭から離れない」
「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない」。小袋成彬、宇多田ヒカルプロデュースでメジャーデビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加