神田うの、極秘入院していた 椎間板ヘルニアで手術「左足にしびれ」

神田うの、極秘入院していた 椎間板ヘルニアで手術「左足にしびれ」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/06

タレント、神田うの(42)が5日、東京都内でプロデュースするウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作発表会を開き、椎間板ヘルニアで手術をし1カ月半、都内の病院に入院していたことを明かした。

うのは「実は極秘入院していました」と仰天告白。8月上旬、自宅でシャワーを浴びていたとき腰に激痛が走り、都内の総合病院に救急搬送されたという。

医師から重度の椎間板ヘルニアと診断され、背中にカテーテルを入れて痛みを抑えながら経過を観察して、9月上旬に手術をし、同16日に退院。うのは搬送当時を振り返り、「痛い、痛いと泣き叫んでいたら、産婦人科に通されちゃって。陣痛より痛かった」とちゃめっ気たっぷりに説明した。

これまで盲腸や肺炎などで入院経験はあるが、「ベッドで寝たきりになるのは初めて」で、「寝返りも打てなかった。体重は4キロ減って、筋肉が落ちたから体脂肪は3%増えた」と告白。

現在もリハビリ中で、「左足にしびれが残る」というがこの日のファッションショーでは見事なウオーキングを披露し、観客を魅了していた。

No image

お披露目したドレスも「病院のベッドで点滴をしながら作った」と明かした神田うの=東京・渋谷

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
9歳の少年がわかりやすく語る「自閉症について」
長澤茉里奈「旅ずきんちゃん」入浴シーンでFカップがエライことに
前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも
“日本一かわいい女子高生”候補の8人
みやぞん、現場での悪評...挨拶せずタバコふかす、共演者に愛想なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加