長野・飯田市の仕出し店でノロ食中毒 巻きずしで7人が発症

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/14

飯田保健所は12日、長野県飯田市の仕出し店「かどや」の巻きずしを食べた20代から50代の男女7人が、ノロウイルスによる食中毒を発症したと断定し、同店に対し、14日まで3日間の営業停止を命じた。

同保健所によると、7人は同市などに居住しており、3日に行われた宴会で巻きずしを食べた後、腹痛や嘔吐(おうと)などの症状が出たという。県環境保全研究所が行った検査で、患者便と調理従事者の便からノロウイルスが検出された。入院患者はなく、全員快方に向かっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
陸自隊員の新制服 全配布に10年も 予算確保や生地調達苦慮 士気低下の懸念も
【報ステ】放火殺人で“車中生活”男女4人逮捕
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加