仮想通貨ってどんな種類があるの?

仮想通貨ってどんな種類があるの?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/21
No image

最近、仮想通貨の話題をよく耳にしますよね。実は、仮想通貨には多くの種類があり、800種類以上が存在しています。その中から将来性や特徴を見極めて購入する仮想通貨を決めるわけですが、これだけ数が多いとどのように選んでいいか迷ってしまいそうです。そこで、代表的な仮想通貨の種類や特徴についてまとめてみました。これから仮想通貨を買おうと思っているなら、ぜひ参考にしてください。

○■仮想通貨には多くの種類がある

仮想通貨には、はじめに作られた「ビットコイン」を皮切りに、世界中に数多くの種類が登場しています。その中で、日本の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は、全14種類。日本の仮想通貨取引所に上場するには金融庁の許可が必要となるため、比較的安心して利用できると考えられています。仮想通貨は発展途上の状態にあり、中には安全性に疑問符の残るものもありますので、まずはこの14種類から購入する仮想通貨を選ぶのがよいでしょう。

○■よく知られている仮想通貨の特徴とは?

仮想通貨は、それぞれ将来性や作られた経緯、利用できるシーン、用いられている技術などが異なり、様々な特徴を持ち合わせています。仮想通貨の中でも代表的なものや注目されているものの名前や内容を確認してみましょう。

○ビットコイン

仮想通貨の中で最初に作られた「ビットコイン」。ビットコインは仮想通貨を代表する基軸通貨としての役割を果たし、ほぼ全ての取引所でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の決済として使うことができます。円やドルといった国家が管理する法定通貨や、特定のお店だけで使える電子マネーなどと違い、世界中で使える通貨を目指して作られました。現状で最も名前が知られている仮想通貨がビットコインで、時価総額はトップ。2017年にはその価格が高騰し、バブル状態になりました。

ビットコインは、P2Pネットワークに取引が送信され、インターネット上の電子台帳に記録される仕組みになっています。そのため、管理主体が不要で取引ができ、手数料が安く済むというメリットがあります。一方で、ビットコインは送金に時間がかかるなど、いくつかの問題を抱えているという側面もあります。そうしたビットコインの問題点を乗り越えより優れた仮想通貨が登場していることで、今後ビットコインがそれらのアルトコインに追い抜かれる可能性も否定できません。

○イーサリアム

時価総額がビットコインに次いで多い「イーサリアム」。イーサリアムは、ビットコインと同じ「ブロックチェーン」という暗号技術を用いていますが、ビットコインよりも送金速度が速く、「スマートコントラクト」という技術を利用している点が大きな特徴です。

スマートコントラクトとは、ある条件を設定しておけば、その条件が満たされた時に自動で契約を実行、保存してくれる機能のことです。中央機関を介さず契約を執行できることで、労力やコストをカットすることができるのです。今後、最も将来性が期待されている仮想通貨の一つとなっています。

○リップル

「リップル」は、イーサリアムに次いで時価総額が3位の仮想通貨です。リップルはビットコインのような非中央集権的な仮想通貨ではなく、明確な発行元(リップル・ラボ社)が存在しています。また、正確には仮想通貨と言うより、分散型技術を用いた仮想通貨など金融商品の決済・送金システムのことを指しています。

リップルの特徴は、送金速度が速く手数料がほぼ無料になるという点。そのため、国際取引において注目され、みずほ銀行、りそな銀行など邦銀43行のほか海外の大手金融機関がリップルシステムの採用を決めています。大きなポテンシャルを秘めながら現在の価格は低く買いやすいことで、注目される投資先です。

○リスク

「リスク」にはイーサリアム同様、スマートコントラクトが実装されています。ただし、それだけでなく、メインチェーンと別にサイドチェーンと呼ばれるブロックチェーンがある点でイーサリアムと異なります。これにより処理能力が高くなり、ハッキング等のトラブルに対応しやすくなるといったメリットがあります。マイクロソフト社が多額の投資を行っていることでも知られています。

○モナコイン

「モナコイン」は、匿名掲示板の2ch(現5ch)発祥の仮想通貨で、「モナー」と呼ばれるキャラクターがモチーフになっているコインです。ビットコインの約6倍も取引の処理が速く、機能的に優れています。また、モナコインは様々なサービスで実用されています。パソコンショップや美容クリニックで支払いに使えるほか、ツイッター上で利用できる「tipmona(チップモナ)」というチップのサービスも人気。国内にファンが多く、ビットコインに次いで利用シーンの多い仮想通貨です。

仮想通貨には様々な種類があり、それぞれ特徴を持っていることがおわかりいただけたでしょうか。今回ご紹介した以外にも、今後の発展が期待されている仮想通貨はいろいろとあります。有名なものだけでなく、まだあまり知られていないけれどユニークなものや、優れた技術によって構築された仮想通貨などにも注目し、仮想通貨のある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
  • このエントリーをはてなブックマークに追加