東京為替:ドル・円は買戻し一服、米金利の上昇幅縮小で

東京為替:ドル・円は買戻し一服、米金利の上昇幅縮小で

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は114円半ばから114円前半にやや値を下げる展開。米10年債利回りの上昇幅縮小で買戻しがやや一服したようだ。ただ、日経平均株価が堅調地合いを維持しており、目先の株高継続を期待した買いが入りやすい地合いのため、目先は114円を割り込む展開は想定しにくい。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円26銭から114円83銭、ユーロ・円は121円08銭から121円56銭、ユーロ・ドルは1.0586ドルから1.0604ドルで推移した。

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具、広大なフロアに誰もおらず...久美子社長、放逐した父会長時代より業績悪化
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
配偶者控除見直しで夫年収500万のパート世帯は5・2万円減税!?
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加