最新ランキングをチェックしよう
「徹底抗戦か自己改革か」米中摩擦巡り中国国内で広がる大激論の中身

「徹底抗戦か自己改革か」米中摩擦巡り中国国内で広がる大激論の中身

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/05/19

米中貿易摩擦は新たな段階に入った。トランプ大統領の不意打ち的な対中関税引き上げ方針の表明に対し、中国政府やメディアは当初沈黙を強いられたが、すぐに「決して譲歩しない」と強気の態度を表明した。
だが政府系メディアの強気の姿勢とは裏腹に、民間世論は必ずしも対米批判一辺倒ではない。ネットを丹念に見ていくと、世論のもう1つの声も見えてくる。米中摩擦はまさに、中国の改革派と保守派の対米関係、そして国内の体制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
マックでコーヒー「0円」キャンペーン再び → 軽い気持ちで飲みに行ったらタダでは済まなかった
「台風でパンがまったくない」 友人にLINEで報告したら、予想外すぎる反応が返ってきた
吉岡里帆のロケ衣装に視聴者ドキリ 「めちゃくちゃ透けてる」
Hカップ安位薫、20歳を目前にセクシーさを加速させて大人の女性をアピール
なぜ稲垣は「そこにいた」のか?魔法のようなトライショーの裏にあった“ルール”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加