死因は出血性ショック 厚労省女性キャリア官僚刺殺

死因は出血性ショック 厚労省女性キャリア官僚刺殺

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/13
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・港区で厚生労働省のキャリア官僚の女性が弟に包丁で刺されて死亡した事件で、女性の死因が腹を刺されたことによる「出血性ショック」だったことが新たに分かりました。

52歳の男は12日午前5時半ごろ、自宅マンションで、姉の厚労省関東信越厚生局長・北島智子さん(56)の腹を包丁で刺し、殺害した疑いで13日朝、送検されました。その後の警視庁への取材で、北島さんは腹を複数回刺されたことによる「出血性ショック」で死亡していたことが新たに分かりました。男は「私がやりました」と容疑を認めています。男には精神疾患での通院歴があり、警視庁は、男の責任能力の有無を含めて当時の状況を調べています。北島さんは男と同居する母親の介助のため、事件前夜から泊まりにきていたということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「綺麗で触りたい」“ミスター慶応”出場の学生逮捕
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
夫が妻の遺体遺棄、妻勤務の学校「熱意ある教員」
慶応大生を逮捕、強制わいせつ未遂容疑
超エリート男、わいせつ目的にトートバッグ使用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加