羽生結弦 10日間の絶対安静 「全日本に間に合うよう努力」とコメント

羽生結弦 10日間の絶対安静 「全日本に間に合うよう努力」とコメント

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

フィギュアスケート男子の羽生結弦(22=ANA)は12日、日本スケート連盟を通じてコメントを発表し、ケガの症状と今後の見通しについて「10日間の絶対安静と医師から言われました。その後、3、4週間で元に戻るとみております」と明かした。

No image

右足関節外側じん帯損傷でNHK杯を欠場した羽生結弦(撮影・椎名 航)

羽生は9日のNHK杯公式練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、右足首を負傷。「右足関節外側靱帯損傷」と診断され、NHK杯を欠場した。GPファイナル(12月7~9日、名古屋)の出場が絶望的となり、次戦は全日本選手権(12月21~24日、調布)の予定。「まだあくまでも予定でございます。何とか全日本までに間に合うよう治療、リハビリに努力いたします。全日本ではいい演技ができるように頑張ります」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦を「ケガ欠場」まで追い詰めたメディアの罪
羽生結弦がトロントに戻っていた 小林強化部長「治療とリハビリを続けている」/フィギュア
羽生結弦トロントでリハビリ 全日本出場は分からず
「好きなスポーツ選手」圧倒的人気の1位は?
三原舞依「何で会えないかな...」振付師“行方不明”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加