国武大晃2位 15歳新星は父のクワガタで世界意識

国武大晃2位 15歳新星は父のクワガタで世界意識

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

17年12月、笑顔で取材に応じる国武大晃(左)と父大毅さん(撮影・上田悠太)

<スノーボード・ワールドカップ(W杯):スロープスタイル男子>◇個人第2戦◇12日(日本時間13日)◇米コロラド州スノーマス

男子で15歳の国武大晃(STANCER)がW杯で初めて表彰台に上がった。11日の予選を首位で通過していた新星は決勝でも83・64点をマークし、2位に入った。過去にクワガタの一種パラワンオオヒラタを飼育し、大きさのギネス記録を持っていた父大毅さん(44)と実力を磨いてきた男が、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のメダル候補に名乗りを上げた。

シンデレラボーイが現れた。決勝2回目。国武は左足を前にした逆スタンスから入る縦2回転、横3回転半に続き、縦3回転、横4回転の難しいジャンプも決めた。83・64点をマーク。堂々たる演技で2位に入り、自身初のW杯表彰台に上がった。「うれしい。最低でも表彰台に乗ることが目標だった」と落ち着いた表情で話した。

スロープスタイルは世界選手権を制した実績がある鬼塚や、今大会2位だった16歳の岩渕ら女子に注目が集まっていた。その中で男子の国武が平昌五輪のメダル候補に名乗り出た。ただ反省もある。「(見せる)技術が足りなかった」と序盤の障害物の攻略を悔いた。「メンタルもそうだが、難しい技でも(着地で)立てるようにしっかりしたい」と引き締める。

世界を感じる環境が愛知・阿久比町の自宅にある。父大毅さんは、運送業の傍ら、クワガタのブリーダーとして業界の有名人。16年に塗り替えられたが、約5年前にパラワンオオヒラタを飼育し、112・3ミリまで育てることに成功。ギネス記録として認定された。塗り替えられたクワガタも、大毅さんが提供した幼虫だという。大毅さんは「外国産の大きなクワガタを(大晃に)見せたくて、飼育を始めたら、凝ってしまいまして。突き詰めてみたらギネスがあると知り、挑戦してみました」と笑う。ジャンルは全く違うが、元世界記録保持者の父を持つ大晃も「ギネスはすごい。お父さんがクワガタをやっていて、それがスノーボードにもつながった」と刺激を受けている様子だ。

両親の影響で3歳から始めたスノーボードも父がコーチだった。トップ選手の動画を編集してもらい、技術力向上の参考にした。週末は両親の運転で、岐阜や新潟のスキー場に車で通った。スロープスタイルとビッグエアの2種目で平昌五輪代表入りが確実。日本選手団最年少代表の可能性も高い。「五輪は夢だった。自分の滑りを見てほしい」と言う。残り約1カ月。出場だけでなく、父に負けない!? ビッグな称号をつかみ取る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ザギトワ、欧州初制覇!シニアデビューから負け知らずで頂点に
坂本花織 ジャンプで精彩欠きギリギリまで調整
羽生結弦、小平奈緒、水泳世界新の渡辺一平、“9.98”の桐生祥秀らが受賞! 「第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞表彰式」から平昌オリンピックにエール!!
宇野昌磨「慣れてきた」公式練習は緊張感たっぷり
村主章枝、両親のお金を使い込んだ過去を告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加