巨人D1・吉川尚、殿堂目指す!“打撃の神様”川上氏に感銘

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/01/12

日本野球機構(NPB)は11日、東京・文京区の東京ドームホテルで新人研修会を開き、12球団の新人114選手が参加した。12球団のルーキーは午前中、東京ドームに隣接する「野球殿堂博物館」を訪れた。

巨人D1位・吉川尚(中京学院大)は野球殿堂博物館を訪れた際、チームの大先輩で、“打撃の神様”こと故川上哲治氏に感銘を受けたという。「首位打者を5度、最多安打を6度も獲得している。すごい選手がたくさんいると確認できた」と決意も新た。「40歳を過ぎてもプレーして、殿堂入りに少しでも近づけるように」と大きな目標を掲げた。

No image

NPB新人研修を受ける巨人・吉川尚=東京都文京区(撮影・長尾みなみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
記者にとっても地獄...ソフトBグアム自主トレの脈々と引き継がれる伝統
メジャー82勝左腕も...WBC“史上最強”中国は侍ジャパン1次R最後の関門に?
藤浪「神ってるな!」自画自賛 金本監督の前で熱投30球
「マー君、マエケンと同じ匂いがする」寺島成輝、プロ1年目の青写真
阪神・藤浪、“新球”チェンジアップ自画自賛「グッチェ!神っとる!!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加