クリスマス気分を手軽に盛り上げる小物5選

クリスマス気分を手軽に盛り上げる小物5選

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/14

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

季節はまもなくクリスマスのシーズンである。せっかくならクリスマス気分を感じる工夫をしたいところだが、大きなツリーを飾ったり、家にイルミネーションを施すのはやはりハードルが高すぎる。そんな風に感じるなら、クリスマスを感じる小物を取り入れるのも1つの方法だ。例え1点の小物であっても、それを目にするたびにクリスマスの気分を味わうことができる。小物だからオフィスのデスクに飾ることもでき、クリスマスの話題に花が咲くこともあるかもしれない。

■世界一クリスマスに近い(?)サンタクロース

No image

こちらの『もみサンタ』、なんとモミの木のサンタクロースだと言うのだ。とは言っても本物のモミの木を使っているわけではなく、あくまで設定上の話だ、確かにこうして眺めてみると上に向かうにつれて細くなっていくシルエットはモミの木を連想させるので、サンタクロースでありながらクリスマスツリーも兼ねた存在、と私は思っている。素材にはプードルファーを使用しており、視覚だけでなく触覚でも温かさを感じるサンタクロースである。価格は税込み4,500円。ハンドメイド製品のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる。受注生産のため、納期の期間が必要な点は注意が必要だ。

■昔見た絵本の中から抜け出してきたような光景

No image

「クリスマスのガラスエッチングパネル」は、エッチング技法による装飾パネルだ。エッチング技法とはガラスに研磨剤を吹き付けることで模様やイラストを描くというもの。学生時代の美術の授業で体験した人もいるかもしれない。この製品では専用のLEDスタンドがセットになることで、プレゼントを持ったサンタクロースが夜空を駆け抜ける幻想的な風景を表現している。ただの星空ではなく、巨大な満月をバックにしているあたりが一般的なデザインと異なる点かもしれない。価格は税込み19,980円。こちらもハンドメイド製品のマーケットプレイス「Creema」から購入することができる製品だ。

■その動きにも癒されるクリスマスモビール

No image

『木のモビール/サンタとトナカイ』はクリスマスのシンボルであるサンタクロースとトナカイをモチーフにしたモビールだ。素材には広葉樹のアルダーを使用し、ワンポイントとなる赤色以外に余計な塗装はされていないので、どんな部屋にでも馴染むことだろう。モビールというと一般的にはお互いのオブジェが独立しているのが普通だが、このモビールの場合はサンタクロースを惹くトナカイという設定上、互いが紐で繋がっている。そのことにより互いの動きが連動する、といった動きも楽しめる点が他のモビールとは異なる点になっている。マーケットプレイス「Creema」にて税込み3,000円で販売されていたが、11月11日現在は品切れとなっている様子。上記サイトからは再販のお願いもできるようなので、どうしても購入したいという人は交渉してもらいたい。

■その美しさごと閉じ込めたクリスマスツリー

No image

「クリスマスといったらツリーでしょ!」そんな人にはこの『ハーバリウム/クリスマスツリー』をオススメしたい。「ハーバリウム」とはオイルを満たしたボトルの中にプレザーブドフラワーなどを閉じ込めた植物標本のこと。植物を間近に観察することができ、しかも長期間に渡って飾ることができるのでここ数年、様々な場所で見かける機会が増えてきた。『ハーバリウム/クリスマスツリー』では葉の部分にヒムロスギ、幹の部分にシナモンを使用したツリーをオイルの中に閉じ込めている。オーナメントやツバメのチャームといった飾りもついており、クリスマスツリーとして申し分ないデザインだと思う。高さも16cmと大きすぎないので、自宅はもちろんオフィスのデスクに置いてふとした瞬間に目に入るようにするのもいいだろう。価格は税込み2,000円。マーケットプレイス「Creema」から購入することが可能だ。

■つつましい佇まいに心打たれるクリスマスツリー

No image

先ほどの『ハーバリウム/クリスマスツリー』とはまた違う魅力を持った『ガラスドーム/クリスマスツリー』。先ほどのツリーはオイルの充填されたボトルに閉じ込められていたので、どちらかというときらびやかな印象が強かった。一方、こちらのツリーはそのようなきらびやかさはない。星やオーナメントもどことなくくすんだ印象を受け…。しかし、だからと言ってこのツリーに魅力がないかというとそういうわけではなく、静かに時を過ごすつつましさという魅力があるように私は感じた。雪国で暮らしたことのある人は判ると思うが、雪に囲まれた世界ではあらゆる音が吸収され不思議と静かな空間が広がる。そんな場所に似合うツリーという印象だ。価格は税込み4,200円。マーケットプレイス「Creema」から購入することが可能だ。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
IKEAの『人感センサー付きLED照明』が爆安なくせにチョー使える! 価格は2つ入りで799円なり
「ハンバーガーがおいしいと思うファストフード店」ランキング 1位は断トツで...
篠崎愛、セクシーインスタ公開!なぜか韓国で爆発的な人気に!
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加