次期iPhone のうわさを早くもゲット! Wireless PowerShare採用でApple WatchとAirPodのワイヤレス充電に対応か?

次期iPhone のうわさを早くもゲット! Wireless PowerShare採用でApple WatchとAirPodのワイヤレス充電に対応か?

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/03/25
No image

iPhone XR発売から約半年。メディアの間で早くも次期モデルのうわさが飛び交っている。

・ワイヤレス充電機能が拡大

No image

報道では双方向ワイヤレス充電機能に関する新しい情報について述べている。ある筋によると次期iPhone(iPhone 11)には、SamsungのGalaxy S10と同じWireless PowerShare機能が搭載される予定だという。さらにこの機能を使うことで、Apple WatchやAirPodのワイヤレス充電が可能になるとも報じている。

気になる充電ポートについてだが、ケーブルはC94Lightningコネクタを採用したUSB-C to Lightningケーブルに切り替わる模様。併せて電源アダプタも18W USB-Cに変更する。これが事実であれば、Lightning接続のままUSB PD充電ができるようになる。Lightningの性質を生かしつつ、急速充電が可能となるだろう。

・Lightningポートは現行のまま!?

ただし、電源アダプタとケーブルがiPhone本体と一緒に出荷されるかどうかは不明。この件についてApple社に詳しい情報筋は、次期iPhoneは現行の充電器をバンドルするだろうと予測している。

発表されたばかりの新型iPad(iPad miniとiPad Air)も2012年に導入されたLightningポートを続投しており、USB-Cは搭載していない。それなら次期iPhoneも同様だろう、というのが大方の見解だ。

ユーザーからすればケーブル関連は購入を決める重要な要素の一つ。いずれにしろ旧製品を超える設計であることを望む。続報に乞うご期待。

souce by 9to5 Mac

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS12.3、macOS 10.14.5など各OSのベータ3が開発者向けに公開
iPhoneはまだ進化する、iOS 12.2の新機能15選!
Apple、ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」のFCC認証を取得
まだ使用できるiPhoneがアクティベーションロックのせいで廃棄処分になっている?
アップル新型iPhone金型リーク?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加