羽生結弦が4ループ着氷 痛めた右足で踏みきり右足で着氷「非常にいい」

羽生結弦が4ループ着氷 痛めた右足で踏みきり右足で着氷「非常にいい」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/16
No image

SPに向け調整する羽生結弦=江陵(撮影・高部洋祐)

「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

公式練習が15日、江陵アイスアリーナのサブリンクで行われ、ソチ五輪金メダリストで男子66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=が4回転ループを着氷した。同ジャンプは昨季、羽生が世界で初めて成功した大技だが、負傷した右足で踏みきり右足で着氷することから、韓国入り以来一度も挑戦していなかった。

前日までとはうって変わり、練習開始からハイペースでジャンプを跳ぶ羽生。4回転トーループ、4回転サルコーを1度ずつ決めると、4回転ループをさらりと降りた。フリー「SEIMEI」の曲かけ練習では、演技冒頭で同ジャンプに挑戦したが、1回転となった。

練習後には「順調に計画通りできている。自分のことに集中して、スケートに対する気持ちもリラックスしながらできているので、非常にいい」と笑顔で話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
浅田真央にイライラを募らせる日本スケート連盟
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加