渡部暁斗、2大会連続銀メダル 金はフレンツェル

渡部暁斗、2大会連続銀メダル 金はフレンツェル

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

平昌冬季五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗=14日、韓国・平昌(共同)

「平昌五輪・スキー複合個人ノーマルヒル」(14日、アルペンシア・ジャンプセンター、アルペンシア距離センター)

ソチ五輪銀メダリストの渡部暁斗(29)=北野建設=が、2大会連続銀メダルを獲得した。エリック・フレンツェル(ドイツ)が金、ルーカス・クラプファー(オーストリア)が銅メダルを獲得した。日本勢は渡部善斗(26)=北野建設=が12位、永井秀昭(34)=岐阜日野自動車=が14位、山元豪(23)=ダイチ=は33位だった。

首位に28秒遅れでスタートしたクロスカントリー(10キロ)では、スタート前に「臨機応変に金メダルを獲れるようにしたい」と話したように中盤から先頭集団に立った。最後の一周(2・5キロ)でフレンツェルとの一騎打ちは、最後の上りで遅れをとり、ソチに続いて銀メダルとなった。

強風のため30分遅れでスタートしたジャンプでは、ライバル勢が飛距離を伸ばせない中で安定したジャンプで3位に入った。

渡部暁は今季のワールドカップでも5勝を挙げ、総合首位に立っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
羽生結弦、高木姉妹、小平奈緒、それとも...ソチの3倍となった平昌五輪報奨金ランキングのトップは?
松岡修造が「かっこよすぎて泣きそうになった」 フィギュア宮原へのインタビューで株を爆上げ
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!
【美の化身】女子フィギュア・カナダ代表のすっぴんとメイクのギャップがすごい / メイク前は無邪気な少女なのに...!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加