貴乃花「4年前ブログ」の弟子愛がすごい 暴行問題うけ再注目

貴乃花「4年前ブログ」の弟子愛がすごい 暴行問題うけ再注目

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/05

貴乃花親方が4年半前に書いたブログが、弟子の平幕・貴ノ岩への暴行問題を受け、ツイッター上で改めて注目を集めている。

No image

「我が弟子たちへ」と題されたブログには、「一緒に土俵にはあがってやれないが、親方は命を懸けて見ている、不惜身命で見ている」など、溢れんばかりの弟子への愛情がつづられていた。

「一騎当千であるつもりだよ!」

あるツイッターユーザーが2017年11月30日に紹介したのは、貴乃花親方が2013年5月12日に更新したブログ。貴乃花部屋の公式サイトに掲載されており、ユーザーは同ブログの中で一番好きな記事だとした。

ブログは13年の五月場所初日に書かれ、まず弟子たちにこう呼びかけていた。

「全力を尽くしてやるだけやってくれればいい。数字的な勝敗も気になるとこだが、そんなことより君たちが生きてきた証を土俵の上で堂々と見せるだけでいい。焦らず、怯まず、躊躇わずに、今まで君たち一人一人に教えてきたことを頭に浮かべて、まっすぐな気持ちで戦いに挑めばいい。この世は一切皆空である」

また、

「親方がついている。一緒に土俵にはあがってやれないが、親方は命を懸けて見ている、不惜身命で見ている!」「すべての君たちの取り組みを替わってやれるものなら替わってあげたい。一騎当千であるつもりだよ!」

と力強く背中を押している。

「不惜身命」は、ブログからさらに遡ること19年前、現役時代の貴乃花親方が横綱昇進を果たした1994年の昇進伝達式で、「今後も不撓不屈の精神で、力士として相撲道に不惜身命を貫く所存でございます」と口上を述べたことでも知られる。

「もしも神様が君たちの命を奪いにくるのであれば、親方が奪い返す」

ブログでは自身が相撲に邁進してきた日々についても、「師匠から相撲の哲学を学び、必死で身に付けた」「布団に横たわるまで死力を尽くして生きてみたい、と思いながら毎日を暮らした」とつづっている。「喧嘩っぱやかったし、怖いもの知らずだった」と振り返るも、「でも今は君たちの取り組みを見るのが怖い、ただただ怖い。でも歯を食いしばって見つめているんだ。神様をも味方につけようと思って」と弟子を心配した。その上で

「神様が味方してくれなかったとしたら、親方が受けて立つ思いで見ている。神様を敵に回しても親方はなにも怖くないさ。ただ、君たちが怪我をするのだけがすごく怖い。神様は居るようでいないものだよ。居るとしたら、君たちの守護神は親方さ。君たちのためなら、例え世界中の神様を敵に回したとしても、なにも臆することはない。もしも神様が君たちの命を奪いにくるのであれば、親方が奪い返す。親方は相撲しか知らない。相撲は詳しい、負け方も勝ち方も心得ている。しかし君たちには勝たせることしか教えない。命懸けで勝たせる」

と決意をつづっていた。

これでもかというほど弟子への愛情が込められた同ブログに、ツイッターやネット掲示板の中では

「このブログを読んで泣けました」「貴乃花親方の心の叫びが響きました」「誰よりも自分に厳しく、不器用な貴乃花の人柄が如実に表れていると思う」「熱いですね。こちらの目がしらも熱くなってきました。彼がどの様な想いで横綱まで登りつめたのか、そして弟子に対してどの様な想いを持っているのかが伝わる素晴らしい内容でした」

といった声が続々。日馬富士による貴ノ岩への暴行事件と絡めたこんな感想も出ている。

「これを読むと、酒の席で弟子が怪我を負わされたなんて、たまらなかっただろうということが容易に想像できる」

ただ一部では、

「ちょっと弟子に執着しすぎじゃね? 何か怖いよ」「今回の一件は本当に弟子のためになっているのか?」

といった疑問も漏れていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤茉里奈「旅ずきんちゃん」入浴シーンでFカップがエライことに
芸能界「年内駆け込み結婚」をしそうなカップルは?
浜崎あゆみ、激太りを開き直り?ネットからは冷ややかな声
前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも
岡村隆史はフラれてよかった!?川田裕美アナのヤバい過去
  • このエントリーをはてなブックマークに追加