吉田の衝撃ボレーが堂々1位! オランダメディア選出「過去10年最も美しいゴールTOP10」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/08/11

相手GKも茫然自失となったジャンピングボレー ツイッターで吉田も反応

6年が経過しても、いまなお人々の記憶に刻まれている――。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也がオランダ1部VVV時代に強豪PSVとの試合で決めたアクロバティックなボレーシュートが、オランダメディアで過去10年における「最も美しいゴール」に選ばれた。

このゴールが生まれたのは2011年9月11日行われたVVV対PSVの一戦だった。2-2で迎えた後半9分、吉田は右サイドからのクロスをジャンピングボレーゴールに叩き込んだ。あまりの強烈な一撃に相手GKも茫然自失となった衝撃的な得点だった。

強豪PSVを破る決勝ゴールとなったこの一撃は「FOXスポーツ」オランダ版が選出した過去10年で最も美しいゴールトップ10で堂々1位に選出されている。オランダメディアでは当時2011-12シーズンのベストゴールにも選ばれていた。

これについて吉田も自身のツイッターで反応している。ランキングでは6位にVVV時代の同僚FWルート・ボイマンスが決めたオーバーヘッドシュートがランクインしていることから「Boymaaaaans」と絶叫して祝福。しかし、その後に自身のゴールが1位で紹介されることから「いやいや、僕のゴール」と笑顔の絵文字を合わせて投稿した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「FOXスポーツ」オランダ版が投稿した、「過去10年で最も美しいゴールトップ10」

https://twitter.com/FOXSportsnl/status/895347771271778305

「FOXスポーツ」オランダ版が投稿した、「過去10年で最も美しいゴールトップ10」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
内田篤人の移籍容認は苦渋の決断...シャルケSD「簡単ではなかった」
コスタの獲得 絶対条件は謝罪
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加