2試合続けてのドローを悔やむミュラー「僕たちはミスが多すぎた」

2試合続けてのドローを悔やむミュラー「僕たちはミスが多すぎた」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/18
No image

フランクフルト戦について振り返ったミュラー [写真]=Bongarts/Getty Images

ブンデスリーガ第7節が15日に開催され、バイエルンは日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦し、2-2で引き分けた。試合後、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーがコメントし、クラブ公式HPがこれを伝えた。

前節、FW大迫勇也が所属するケルンと引き分けたバイエルンは、開始10分にオランダ代表FWアリエン・ロッベンのゴールで先制したものの、最終的に2-2に追いつかれた。2試合続けて勝ち点3を逃す結果となったことについて、ミュラーは「僕たちが考えていたようなプレーは全くできなかった。フランクフルトに部分的に試合の主導権を握られてしまったが、バイエルンの選手たちはそういった状況に慣れていない。慣れたいとも思わない。僕たちが数的優位だったにもかかわらず同点ゴールを許してしまったのは今日の反省点だ。僕たちはチームとしてあまりにもミスをしすぎた」とチームとしての課題を語った。

また、主将の元ドイツ代表DFフィリップ・ラームは「僕たちは目を覚ます必要がある」と反省を口にした。さらに「水曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)が控えている。絶対に勝ち点3を取らなければいけない」と、19日に行われるCLグループステージ第3節PSV(オランダ)戦を見据えた。

バイエルンは、19日にホームでPSVと対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
【EL】内田、1年9か月ぶりに復帰! 南野の決定的なシュートを防ぐ場面も
内田篤人が約1年8か月ぶりにベンチ入り果たす(4枚)
618日ぶり復帰の内田篤人、まずは安堵「とても長かった」
南野、決定機に右足シュートも内田に阻まれる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加