軽量化と高性能化を実現した新たなポルシェ「911」用エンジンを、シンガー社とウィリアムズが共同開発

軽量化と高性能化を実現した新たなポルシェ「911」用エンジンを、シンガー社とウィリアムズが共同開発

  • autoblog
  • 更新日:2017/08/15
No image

【ギャラリー】Porsche engine modified by Singer and Williams7

クラシックなポルシェ「911」を美しくレストア&モディファイすることで有名なシンガー・ビークル・デザイン社は、名門F1チームのウィリアムズの関連会社で技術提供を行っているウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングと協力し、新たな911用エンジンを開発した。この最新プロジェクトでは熟練のエンジン・デザイナーであるエンジニアのハンス・メツガー氏がテクニカル・コンサルタントを務めている。ウィリアムズの技術とノウハウを得たシンガー社は、長年の顧客であるスコット・ブラットナー氏の依頼を受け、1990年型ポルシェ 911のリアに搭載する4.0リッター空冷式水平対向6気筒エンジンを"再創造"した。
シンガー社とウィリアムズは、このプロジェクトの詳細についてまだその全てを明らかにしていないが、このエンジンは最高回転数9,000rpmを超え、最高出力500hpを発揮するとのこと。カーボンファイバー、マグネシウム、チタン、そしてインコネル製のパーツをエンジン内の広範囲に使用することで、ポルシェの重いエンジンを軽量化することに成功した。

シンガー社の創設者であるロブ・ディキンソン氏は、「ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング及びハンス・メツガー氏の協力のもと、シンガー社はお客さまのポルシェ 911に "次のレベル"のレストアおよびモディファイ技術を提供できることを大変嬉しく思っています」と述べている。そして、「入念に献身的に開発されたこのアイコン的な空冷式エンジンは、911を愛してやまない現在と未来のオーナーたちにとって非常に有意義なものになるでしょう」と続けた。

歴代のF1マシンを管理するウィリアムズ・ヘリテージで責任者を務めるジョナサン・ウィリアムズ氏は、このパートナーシップについて「911を崇拝している者として、シンガー社とこのプロジェクトを進めることが出来てとても興奮しています」と述べている。

オリジナルのポルシェ 911と同じくらい、シンガー・ビークル・デザイン社がレストアとモディファイを施した911は崇拝に値する。数週間後にはこのプロジェクトに関するさらなる詳細が発表されるとのことなので、楽しみに待つことにしよう。それまでの間、この新たなエンジンのデザインとそこに注がれた熟練の技術を写真から感じていただきたい。

By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】Porsche engine modified by Singer and Williams7

■関連記事【試乗記】 「世界で最も心を奪われるクルマ」 シンガー社が手掛けたポルシェ「911」 クラシック・ポルシェに現代の技術を組み合わせて美しく仕上げたシンガー社の「911タルガ」 【ビデオ】外見はクラッシック、中身は最新の「シンガー911」の製造現場をレポート

【ギャラリー】Porsche 911 Reimagined by Singer:First Drive Photos76

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リチウムイオン電池よりも高性能で安価な「空気亜鉛電池」の充放電劣化を抑える触媒をありふれた金属で生成することに成功
Windows 10 PCが不調......。そんな時は「信頼性モニター」で状態をチェックしてみよう
韓国サムスン、次期モデルのスマホにも中国製ではなく日本製バッテリーを採用=韓国ネット「日本製の方が信頼できる」「日本での売り上げもアップ?」
丸型カラーディスプレイに本物の針を取り付けたハイブリッドスマートウォッチ「ZeTime」
Windows10アップデート後 画面中央に「あ」「A」が出てくるんだけど!なにこれ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加