マーリンズ、球団売却へジーター氏らのグループと合意 約1300億円

マーリンズ、球団売却へジーター氏らのグループと合意 約1300億円

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

マーリンズのデービッド・サムソン球団社長は12日、ヤンキースで活躍したデレク・ジーター氏(43)らの投資グループに球団を売却することで合意したことを明らかにした。マーリンズにはイチローと田沢が所属している。

No image

メディアに対応するマーリンズのサムソン球団社長 (AP)

サムソン球団社長によると、前日の11日に売却合意したそうで、譲渡額は12億ドル(約1310億円)。オーナー会議の承認を経て、今季公式戦終了後の10月初めにもジーター氏らのグループに球団の経営権が移るという。

マーリンズは1993年に球団創設。これまで1997年と2003年の2度、ワールドシリーズを制覇しているが、2004年から昨季まで13年連続でプレーオフ進出を果たせていない。現オーナーのジェフリー・ロリア氏は2002年に球団を買収した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
審判の判定をインスタで批判、炎上したカープ・福井優也投手
家探しのダルビッシュにロバーツ監督が助言「渋滞を頭に入れておいた方が」
元ヤンキースのジーター氏、夫人との間に第1子誕生
代打安打のMLB記録迫るイチロー、米紙に複雑心境吐露 記録は“やり抜く力に”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加