モリサワ、米に欧文デザインの拠点を開設-欧文と多言語の開発体制を強化

モリサワ、米に欧文デザインの拠点を開設-欧文と多言語の開発体制を強化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

モリサワは、欧文書体開発の新たな拠点として米国に「Morisawa Providence Drawing Office(モリサワ・プロビデンス・ドローイング・オフィス)」を開設したことを発表した。

同オフィス開設の背景としては、近年、書体を企業ブランディングに活用するケースの多い海外を中心に、多言語開発の需要が高まっていることや、日本国内においても自社のブランディング強化や海外進出を視野に入れて欧文書体を使用する場面が増えていることが挙げられた。モリサワは、多言語フォントの自社開発に加え、世界中で必要とされる欧文書体のニーズに応えるため、現地事情に精通したデザイナーとともにスピーディかつ高品位な書体開発を行っていくということだ。

また、同オフィスにはクリエイティブディレクターとしてFont Bureau社で長年デザイナーを務めたサイラス・ハイスミス氏を迎え、同社が保有する和文書体との調和を考慮した欧文書体や次世代のメディアを見据えた書体開発を計画しているという。書体デザイナー・教師・著者・グラフィックアーティストであるサイラス・ハイスミス氏は、何十ものオリジナル書体を開発し、長年に渡りFont Bureau社にてシニアデザイナーとして従事し、ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)でタイポグラフィーを教えた。世界各国で翻訳されている「Inside Paragraphs: Typographic Fundamentals」の著者であり、イラストも手がけている。2015年には、タイプデザイン、タイポグラフィーそしてその教育における貢献に対してGerrit Noordzij賞を受賞。同年、書体開発を行うOccupant Fontsと氏のイラストレーターとしての活動を担うOccupant PressからなるOccupant LLC.を設立した。

クリエイティブディレクターに就任するにあたり、サイラス・ハイスミス氏は次のように述べている。「これまでのタイプデザイナーとしてのキャリアを通して、私が追い求めてきたものは『白』と『黒』の間に起こる相互作用です。この度のモリサワとの協働で、このこだわりをさらに推進する機会を得ました。既にモリサワのデザイナーとのコラボレーションは始まっていて、欧文書体の制作やドローイングに対して新たな発見がありました。これから私は、Morisawa Providence Drawing Officeにて、志の高い同僚とともに書体開発を行っていきます。」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住宅ローン「金利の低さ」で選んだら、人生失敗する可能性
パイオニアとHEREが資本提携を発表---ADASソリューション
トップは銀座の3890万円 意外な場所も地価上昇
北米SUV 2018、セミファイナル15車種...マツダ CX-5 と スバル XV 残る
世紀のヒット商品『写ルンです』の"ルン"の意味って知ってる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加