米電池メーカーの人気マスコット活用CM『進化したエナジャイザーバニー』

米電池メーカーの人気マスコット活用CM『進化したエナジャイザーバニー』

  • AdGang
  • 更新日:2016/10/20

Case: Energizer Bunny Bigger Better Bunnier

1989年以来、大手電池メーカー・エナジャイザーのマスコットキャラクターとして、アメリカのTVCMでおなじみのピンクのうさぎ「エナジャイザーバニー」。

27年の時を経て、同社は人気者のエナジャイザーバニーを刷新するキャンペーン『Bigger Better Bunnier』をスタートしました。

No image

大きなサングラスに、ドラム、そして「Still Going!(まだ使えるよ!)」というおなじみのセリフがトレードマークのエナジャイザーバニー。

同キャンペーンでは、これまで視聴者が慣れ親しんできたトレードマークや外見はあまり変えずに、動きや毛質など細かい点を改良。

No image

新しく生まれ変わったエナジャイザーバニーが登場するTVCM2本が公開されました。1本目のCMタイトルは『Fluffy Tail(ふわふわのしっぽ)』。CG等の最新技術を駆使し、動くと揺れる本物のようなしっぽを実現しています。

ドラムを叩く力も強く、歩き方もしっかりしていて、まるで生きているよう。

そして2本目は「PowerSuit(パワードスーツ)」。サングラスを傾けたり、ドラムのバチをクルクル回したり。足の指をバタバタ動かす動きも非常に滑らか。

アメリカでは長年に渡り、親しまれてきたエナジャイザーバニー。新しく生まれ変わったエナジャイザーバニーは、テレビを始め、それ以外のメディアでもどんどん露出していく予定とのこと。今回のフルバージョンCMは以下からご覧ください。

[Fluffy Tail編]

[PowerSuit編]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
【逃げ恥】吉本新喜劇が披露した『恋ダンス』のクオリティが高すぎると話題! ネットの声「本家より好きかも」「ガッキーに見えてきた」
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加