宝塚花組公演「ポーの一族」、明日海りお演じるエドガーのビジュアル解禁

宝塚花組公演「ポーの一族」、明日海りお演じるエドガーのビジュアル解禁

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/17

萩尾望都原作の舞台「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」より、明日海りお扮するエドガー・ポーツネルのビジュアルが公開された。

No image

明日海りお扮するエドガー・ポーツネル。 (c)宝塚歌劇団(Photographer Chagoon/www.chagoon.com)

宝塚歌劇団花組による本公演には明日海のほか、シーラ・ポーツネル男爵夫人役で仙名彩世、アラン・トワイライト役で柚香光が出演。2018年1月1日から2月5日にかけ兵庫・宝塚大劇場にて、2月16日から3月25日まで東京・東京宝塚劇場で上演される。なお兵庫公演のチケットは12月2日から、東京公演は2018年1月14日より一般販売がスタート。

1970年代に別冊少女コミック(小学館)にて連載された「ポーの一族」は、少年の姿のままで永遠を生きる吸血鬼・エドガーを主人公に描く物語。今年7月には、40年ぶりの新作エピソードを収めた単行本「ポーの一族 ~春の夢~」が刊行された。また来春には、月刊flowers(小学館)にさらなる新作が掲載される予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファッションセンター「しまむら」に行列! お目当ては、即日完売の「HiGH&LOW」コラボパーカー
東野圭吾『マスカレード・ナイト』総合部門で初登場首位 自身通算7作目
ひふみんもニッコリ!「3月のライオン」羽海野描き下ろし絵入りエコバッグ
真実はいつもひとつ!? コナンスピンオフ作品の主人公が謎肉の謎を暴く!
人質立てこもり事件発生!痛快な籠城エンタメミステリ!伊坂幸太郎『ホワイトラビット』発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加