駒大、上野の1安打完封で1部残留決定

駒大、上野の1安打完封で1部残留決定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/10
No image

1安打完封で1部残留に貢献した駒大・上野

「東都大学野球・1部2部入れ替え戦、駒大2-0拓大」(10日、神宮球場)

駒大が連勝で1部残留を決めた。1部所属時では初先発となった上野翔太郎投手(4年・中京大中京)が1安打完封。「時間の流れるスピードが速い、そういう感覚」という中での快投で後輩たちへ最高の置き土産を残した。

最後の打者をこの日110球目となったボールで見逃し三振に斬ると、上野が拳を作ってほえた。1部残留が懸かった大事な試合で先発に抜てきされ、最高の投球を披露。「僕はもうみんなに『完封する』と。それぐらいの気の持ちようで。やっと4年生らしいことができた」と、充実の表情で大学ラストゲームを締めくくった。

高校時代では侍ジャパン高校代表に選出されると、U18W杯のエース格として準優勝に貢献していた。華々しい経歴から一転、駒大では故障の影響もあってリーグ戦デビューは昨秋。初勝利も救援として今秋に挙げたばかりだった。

「(来季は)優勝の懸かった試合を期待したい」と後輩へエールを送った。自身は社会人野球に進む予定。「社会人に行ったらレベルが上がりますけど、通用するように」。最高の手応えとともに、次なる舞台へ挑む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武第2球場に命名権スポンサー 名称を「CAR3219フィールド」に変更
阪神新助っ人はメジャー92発・ボア最有力、右の強打者・ロドリゲスも調査
西武松井2軍監督がイメージしたプロ野球選手とは
野球好き歌手河野万里奈が阪神藤川の登場曲をカバー
「半世紀ぶりやんか」観戦・山口氏、大喜び/神宮大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加